Crimson Laboratory

仕事も趣味も中途半端な人の鉄道模型ブログ。

「にほんブログ村」に参加しております。気に入っていただけましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

IMG_1925
2018年4月1日より大阪市交通局は大阪メトロに民営化されましたが、今までの大阪市交通局としての思い出を残すために、また同時期にラッピングデカールがガレージメーカーから発売されたので、デカールの性能や使い勝手を確かめるべく製作することにしました。

材料はこちら。

IMG_1801
車体ですね。鉄コレ・大阪市交通局20系。これがないと始まりません。
発売から時間がかなり経過しており大阪の各店舗では入手できなかったので、東京の店舗から通販で入手。

IMG_1786
今回使用させていただくのは「世田谷総合車輌センター」さんのデカール。
名前のとおり、こちらも東京のガレージメーカーさんです。
はい、大阪の車両なのにメインの材料は全て東京から調達したことになります。

IMG_1802
中央線ですが、今回製作のラッピング車は更新前なので側面方向幕が不要です。パテで埋めてからサーフェイサーで側面を真っ白にします。

IMG_1804 (編集済み)
あとは貼るだけ。
上のカーブで剥がれてくる恐れがあるので、マークセッターでしっかり貼り付けます。

IMG_1823 (編集済み)
マークソフターで軟化させる訳ですが、なかなか硬いのでデザインナイフの刃を入れてピッタリ密着させます。
下地の白が思いっきり目立ちますが、一切気にしなくて良いです。

IMG_1920 (編集済み)
ホワイトバランスがおかしくてすいません。
密着させたら一旦クリアーコートを吹いてから色差しをします。
色はブルー、スカイブルーと、スカイブルーと白を2:3の割合で調色した淡いブルーなど結構な色数を使っています。
側面車番はジオマトリックス製を使いましたが、ジンベエザメの絵柄に溶け込んでしまうのでほとんど効果はありません。

IMG_1924
方向幕は先に導入・竣功している更新車塗装との兼ね合いで東行きに設定しようと考えたのですが、このラッピング車は近鉄東大阪線(けいはんな線)学研奈良登美ヶ丘延伸前なので、当時最も東に行く「生駒」に設定しました。


手順は以上のとおりで、比較的少ない作業量で製作できます。
ですがデカールを使用している以上、乾燥工程は避けて通れないのでどうしても時間がかかります。
完成が大阪市交通局としての営業終了に間に合いませんでしたが、その姿を手元に残すことができたので良かったかなと思っています。

computer_keyboard_yatsuatari_businessman
前の会社を辞めてから3年が経過しました。
現在は比較的働きやすい企業で、まともな給与額で働いております。
自由な時間も作りやすくなり、大変満足しております。

以上。

IMG_1873 (編集済み)
とりあえずの導入報のみで。

事業者限定版も所有していましたが、加工や塗り替えが面倒に感じたので。
扱いとしてはTc/M/Mcを車体更新、Tを増車という名目で導入。
相互に連結できるよう、先頭車にTNカプラーを取り付け。
モーター車は4連側に設定(したがって3連の単独運用ができなくなりました)。

ユーザー取付パーツの列車無線アンテナに違う物が混入していたためメーカーからパーツを手配。
少し遅めの竣工でした。
たった数十円程度の部品に送料だけで数百円の余計なコストがかかる訳で、もう少し品質管理を徹底してくださいよ。

昨年12月下旬にKATOから発売されたE001形『TRAIN SUITE 四季島』が、わが家にもやって来ました。

https://www.kato-shikishima.com/
スペシャルサイトも用意されるほどの気合の入れようです。
観光列車の中でも「クルーズトレイン」とカテゴライズされる車種ですが、先に営業運転を開始したJR九州の「ななつ星in九州」、JR西日本の「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」を差し置いての発売となりました。

直前まで試作品が一切展示されず本当に発売されるのか心配でしたが、当初の発表どおり2017年12月に無事発売されました。

当方では室内灯も搭載して、フルオプションでの導入としました。

IMG_1698 (編集済み)
フロントビュー。ホコリっぽくて恐縮ですが、シャンパンゴールドの色彩や三角窓など独特のデザインも余すことなく表現されています。

IMG_1699 (編集済み)
IMG_1700 (編集済み)
IMG_1701 (編集済み)
IMG_1704 (編集済み)
IMG_1706 (編集済み)
IMG_1707 (編集済み)
IMG_1708 (編集済み)
IMG_1709 (編集済み)
IMG_1710 (編集済み)
IMG_1711 (編集済み)
上からE001-10、9、…1。
室内灯の効果が表れるよう、照明を少し落としてあります。
購入者レビューで多く指摘されているとおり運転席横の窓が構造的に実車と少し違うのですが、実車も窓の下半分は制御機器で黒く見えるので強い違和感はなく、プリズムや車体強度の問題から止むを得ないのかなとも。
テーブルライト・暖炉・門柱灯は別にLEDが仕込まれており点灯するので、室内灯未搭載でも雰囲気は充分に伝わりますが、やっぱり室内灯は付けたほうが良いでしょう。

IMG_1712
パッケージも特殊なデザイン。
説明書は著作権の絡みもあるので撮影しませんが、いつもの薄っぺらい2色刷りではなく、上等な用紙にフルカラーで印刷されています。

但しデメリットもあります。
まず高価です。例えば同じ10両でもE231系の国府津車だと、定価ベース2万円ちょっと。一方E001形は3万5000円と、増結編成が買えるだけの差があります。パッケージがバラ売り・基本増結で分かれていないので必ず10両一括購入になり、金銭的負担が大きくなります。ですが、特別企画品なので再生産される保証がなく、資金を貯めて、いざ!と思った時には買えない可能性があります。
また特別企画品であることからASSYパーツの設定が足回りの一部を除いて存在しないので、ボディーを破損するとメーカー送りになってしまいます。

とは言うものの。
乗るのも模型も高額ですが、その分ディテールは納得の一品で、存在感も抜群です。
導入の参考になれば幸いです。

新年、明けましておめでとうございます。
とうとう戦果の投稿が越年となってしまいました。
タイムリーな情報をお求めの場合は、Twitter(@CrimsonLabo)もご覧ください。

大変恐れ入りますが、個別の完成報告を投稿する時間の確保が以前ほど多忙ではないものの今後も見込めないため、今年もいったん総括記事とさせていただきます。
また写真はTwitterと同じ物を使っておりますこと、予めご了承ください。

■神戸市交通局1000形
IMG_1519IMG_1620

神戸市交通局主催の「交通フェスティバル2017in名谷車両基地〜B-FREE〜」にて6両確保。
大阪方から始発で向かったのでは不利(最速の路線は些細なことでよく止まるのでリスクも大きい)なので前日夜に出発。泊地は板宿。
行先は「谷上」に設定。

■南海2000系
IMG_1630 (編集済み)
泉ヶ丘の販売イベントにて、赤備えを1編成・通常新塗装を2編成調達し、新塗装の中間2両を脱車して天空用の動力車として割り当て。
現在でも全然買えるようですが確保できる自信がなかったので、あえて前日深夜に出発。泊地はなんば。
種別・行先は赤備えを「急行・なんば」新塗装4連を「普通・橋本」2連を「天空(自由席)・橋本」に設定。

■阪急7000系
IMG_1556 (編集済み)
財政上の都合からリニューアル車8両のみ確保。
編成を作るには6箱で良い訳だが「5箱以下で」と言われた時のリスクを考慮し、神戸線の途中駅から西進または北進して調達する計画であったが、結局スタート地点の駅で6箱調達できたので、少しだけ西進してノマドの多い某カフェで朝食を摂り帰宅。
車番は7014Fに、方向幕は「普通・梅田」に設定。今回からコーティング後にコンパウンドも実施。

■阪神7001形
IMG_1671 (編集済み)
Joshinで悠々確保。今期唯一、始発以降の出発での調達。現在も昨年の5700と共に絶賛発売中。
車番インレタの都合で7109…7110+7948-7848を作ることに。
重加工とは言えないが増結編成のパンタ車の屋根加工がやや面倒。
方向幕は「快急三宮」に設定。

■北大阪急行9000系 POLESTAR II
IMG_1584
桃山台車庫の販売イベントにて各色合わせて20両確保。
始発に乗れたまでは計画通りだったが、乗換駅でお腹の機嫌が悪くなり、さらに桃山台付近で迷子になるなどアクシデント続発。
投稿時点では各車コーティングまで完了。9001Fを「なかもず」9004Fを「千里中央」に設定。
IMG_1641
注意:ラッピング車をコーティングする場合、ラッカー系だと写真のようにラインが滲む場合があるので注意すること。

■京阪13000系
IMG_1676
結局どこに並ぶか決めきれず、当日の天候からいつもどおり淀屋橋にて調達。
今回は数が極端に少ないのか、車庫イベントはおろかいつも制限が緩い日比谷の先行発売でさえ「1人1箱」の制限で、どこの駅売りも同じとの話。想定どおり。
淀屋橋名物「割り込み」が発生するも、今回は「後ろに並べ」を素直に聞き入れました。
宇治線として4連1本と、本専用で7連1本分を確保。
行先ステッカーは0番台を「普通・宇治」「Local|Uji」に設定。20番台はこの時点では決めていません。

表題のとおりです。

IMG_1770 (編集済み)
予算の都合で、今回はリニューアル車1編成のみとしました。

今回からツヤ出しのためにコンパウンドを行っています。
車番は松本商事(阪急百貨店)製インレタを使用。
パンタグラフはKATO製阪急用を採用。
あとは説明書どおり。

IMG_1555
んで、いい加減「先頭中間2両パック」ってやめて欲しいなーと思う。
編成どおりに買うと、日の目を見ないムダな先頭車が4両も出るでしょ?
少しはユーザーのことも考えたらどうですかね?売れれば良いんですか?