Crimson Laboratory

仕事も趣味も中途半端な人の鉄道模型ブログ。

「にほんブログ村」に参加しております。気に入っていただけましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

KATO・TRAIN SUITE 四季島がやって来た

昨年12月下旬にKATOから発売されたE001形『TRAIN SUITE 四季島』が、わが家にもやって来ました。

https://www.kato-shikishima.com/
スペシャルサイトも用意されるほどの気合の入れようです。
観光列車の中でも「クルーズトレイン」とカテゴライズされる車種ですが、先に営業運転を開始したJR九州の「ななつ星in九州」、JR西日本の「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」を差し置いての発売となりました。

直前まで試作品が一切展示されず本当に発売されるのか心配でしたが、当初の発表どおり2017年12月に無事発売されました。

当方では室内灯も搭載して、フルオプションでの導入としました。

IMG_1698 (編集済み)
フロントビュー。ホコリっぽくて恐縮ですが、シャンパンゴールドの色彩や三角窓など独特のデザインも余すことなく表現されています。

IMG_1699 (編集済み)
IMG_1700 (編集済み)
IMG_1701 (編集済み)
IMG_1704 (編集済み)
IMG_1706 (編集済み)
IMG_1707 (編集済み)
IMG_1708 (編集済み)
IMG_1709 (編集済み)
IMG_1710 (編集済み)
IMG_1711 (編集済み)
上からE001-10、9、…1。
室内灯の効果が表れるよう、照明を少し落としてあります。
購入者レビューで多く指摘されているとおり運転席横の窓が構造的に実車と少し違うのですが、実車も窓の下半分は制御機器で黒く見えるので強い違和感はなく、プリズムや車体強度の問題から止むを得ないのかなとも。
テーブルライト・暖炉・門柱灯は別にLEDが仕込まれており点灯するので、室内灯未搭載でも雰囲気は充分に伝わりますが、やっぱり室内灯は付けたほうが良いでしょう。

IMG_1712
パッケージも特殊なデザイン。
説明書は著作権の絡みもあるので撮影しませんが、いつもの薄っぺらい2色刷りではなく、上等な用紙にフルカラーで印刷されています。

但しデメリットもあります。
まず高価です。例えば同じ10両でもE231系の国府津車だと、定価ベース2万円ちょっと。一方E001形は3万5000円と、増結編成が買えるだけの差があります。パッケージがバラ売り・基本増結で分かれていないので必ず10両一括購入になり、金銭的負担が大きくなります。ですが、特別企画品なので再生産される保証がなく、資金を貯めて、いざ!と思った時には買えない可能性があります。
また特別企画品であることからASSYパーツの設定が足回りの一部を除いて存在しないので、ボディーを破損するとメーカー送りになってしまいます。

とは言うものの。
乗るのも模型も高額ですが、その分ディテールは納得の一品で、存在感も抜群です。
導入の参考になれば幸いです。

鉄コレ争奪戦2017・秋の陣 戦果

新年、明けましておめでとうございます。
とうとう戦果の投稿が越年となってしまいました。
タイムリーな情報をお求めの場合は、Twitter(@CrimsonLabo)もご覧ください。

大変恐れ入りますが、個別の完成報告を投稿する時間の確保が以前ほど多忙ではないものの今後も見込めないため、今年もいったん総括記事とさせていただきます。
また写真はTwitterと同じ物を使っておりますこと、予めご了承ください。

■神戸市交通局1000形
IMG_1519IMG_1620
神戸市交通局主催の「交通フェスティバル2017in名谷車両基地〜B-FREE〜」にて6両確保。
大阪方から始発で向かったのでは不利(最速の路線は些細なことでよく止まるのでリスクも大きい)なので前日夜に出発。泊地は板宿。
行先は「谷上」に設定。

■南海2000系
IMG_1630 (編集済み)
泉ヶ丘の販売イベントにて、赤備えを1編成・通常新塗装を2編成調達し、新塗装の中間2両を脱車して天空用の動力車として割り当て。
現在でも全然買えるようですが確保できる自信がなかったので、あえて前日深夜に出発。泊地はなんば。
種別・行先は赤備えを「急行・なんば」新塗装4連を「普通・橋本」2連を「天空(自由席)・橋本」に設定。

■阪急7000系
IMG_1556 (編集済み)
財政上の都合からリニューアル車8両のみ確保。
編成を作るには6箱で良い訳だが「5箱以下で」と言われた時のリスクを考慮し、神戸線の途中駅から西進または北進して調達する計画であったが、結局スタート地点の駅で6箱調達できたので、少しだけ西進してノマドの多い某カフェで朝食を摂り帰宅。
車番は7014Fに、方向幕は「普通・梅田」に設定。今回からコーティング後にコンパウンドも実施。

■阪神7001形
IMG_1671 (編集済み)
Joshinで悠々確保。今期唯一、始発以降の出発での調達。現在も昨年の5700と共に絶賛発売中。
車番インレタの都合で7109…7110+7948-7848を作ることに。
重加工とは言えないが増結編成のパンタ車の屋根加工がやや面倒。
方向幕は「快急三宮」に設定。

■北大阪急行9000系 POLESTAR II
IMG_1584
桃山台車庫の販売イベントにて各色合わせて20両確保。
始発に乗れたまでは計画通りだったが、乗換駅でお腹の機嫌が悪くなり、さらに桃山台付近で迷子になるなどアクシデント続発。
投稿時点では各車コーティングまで完了。9001Fを「なかもず」9004Fを「千里中央」に設定。
IMG_1641
注意:ラッピング車をコーティングする場合、ラッカー系だと写真のようにラインが滲む場合があるので注意すること。

■京阪13000系
IMG_1676
結局どこに並ぶか決めきれず、当日の天候からいつもどおり淀屋橋にて調達。
今回は数が極端に少ないのか、車庫イベントはおろかいつも制限が緩い日比谷の先行発売でさえ「1人1箱」の制限で、どこの駅売りも同じとの話。想定どおり。
淀屋橋名物「割り込み」が発生するも、今回は「後ろに並べ」を素直に聞き入れました。
宇治線として4連1本と、本専用で7連1本分を確保。
行先ステッカーは0番台を「普通・宇治」「Local|Uji」に設定。20番台はこの時点では決めていません。

2017秋の鉄コレ争奪戦まとめ

※Final Update:2017/11/18
体力的になかなか落ち着いてブログを書く時間が作れません。
気付いたら昨年秋の戦果以来、何も投稿していませんでしたね。
リアルタイムな動向はTwitterもご参照ください。

■神戸市交通局1000形
DSC_0177
過去にバスコレの発売は行っていた神戸市交通局でしたが、事業開始100周年を記念して初の発売となりました。
西神・山手線開業から現在まで機器更新を経ながらも現役の車種。ふるさと納税の返礼品として設定があったものの、やはり一般向けにも発売されることになったようです。
仕様としては16〜18の三次車、先頭+中間2両の組み合わせだそうです(神戸市交通局に確認済)。
神市交初の鉄コレどころか初のプラ製品化となるので、とても厳しい争奪戦になりそうな気配
公式発表はこちら
IMG_1519
※2017/11/18記述見直し:イベント当日は発売個数を倍にし、後日乗り入れ先である北神急行のイベントで販売したものの、完売しました。
今後のイベント等で発売される可能性は著しく低いものと見られます。

■南海2000系
DSC_6094
近年は南海のみ夏のボーナス商戦時期の発売でしたが、今年は各社の発売が集中する秋の発売となりました。
今回は2扉の短い2000系で赤備えラッピング車と一般車の2種同時発売。
後期車とのことなので先頭車にパンタグラフが載っており、中間車2両を抜くことで先頭車2連の編成にも可能。
これにより、ようやく過去に発売された「天空」のお供が出ることになります(スペシャルサイト下段に、モニター参加者から同様の発言あり)。
この車両型式自体は一度マイクロエースからも発売されていたことや、日比谷イベ以降に一般発売もありますが、過去と比べて数量がかなり少なめなので、それなりに厳しい争奪戦になりそうな気配
スペシャルサイトはこちら
※2017/11/18記述見直し:なんば駅の他、旭屋書店なんば店での取扱が開始されました。現時点では完売のお知らせは出ていません。

■阪急7000系
DSC_0325
事業者限定鉄コレの元祖でもある阪急ですが、今年は7000系を登場時の鋼製車体である「原形」と、前面貫通扉の窓が下部に延長された「リニューアル車」の2種同時発売。
どのような組み合わせでも先頭車が複数単位で余るというコレクター泣かせのパッケージ内容。
原形については梅田方7000〜7002、リニューアル車は7013〜7015が該当します。
床下パーツを何とかすれば、原形については6000系に仕立てることも可能。
いつも阪急は大変厳しい争奪戦になりますが、例年とは少し違うところもいくつか。
厳密には微妙な違いがありますが、旧塗装はグリーンマックスから塗装済み完成品が、しかも最近にも再生産があったばかり。加えて編成どおりのフルセットを組む場合は3万円近くに達するため、GM製と価格が近づくことが挙げられます。
また個人の感想と言える部分ですが、リニューアル車の前面が好みでないという声もしばしば散見されます。
今回は5100や5300ほどの奪い合いにはならないようにも見えますが、果たして?
詳報はこちら
※2017/10/14追記:鉄道甲子園(ネット通販)は10分も経たないうちに完売、多くの発売駅で完売となっています。

■能勢610形
(写真はありません…と言うか引退した時にカメラすら持っていない)
元は阪急の610系としてデビューし能勢電鉄に譲渡後引退した、という車両だそうです。
ごめんなさい、実車を全く知らないので車両の概要すら伝聞でしか書けない有様です。
のせでんは5100が改造需要から厳しい争奪戦になった例外がありますが、それ以外は1000系ですら長期間残っていたので、争奪戦になるような要素もないに等しいため、欲しい人は別のを優先してもいいでしょう
※2017/10/14追記:Aセットについては完売の情報がありますが、筆者当人が参戦・購入はしておりませんので、情報の確約ができません。詳報はこちら

■阪神7000形
(写真はありません…が、見た+乗ったのは間違いありません)
昨年の5700系が例外中の例外だったのか、今回はすでに廃車された7000形が方向幕ありなしの2種類で発売。
客用扉の窓も区別されているようです。
過去に発売の7891などと組んでいたこともあるようで、割と多彩な編成に仕立てることができると思います。
近年、阪神の鉄コレはかなり多めに生産されている(最新鋭の5700系ですら現在も残っている)ので、慌てなくていいかなと見ています。
※2017/11/18追記:この時点で完売の情報は出ていません。在庫に余裕があるように見られます。

■北大阪急行9000系POLESTAR II
DSC_0124DSC_0132
過去に発売の車種全てが意外にしぶとく残っている北大阪急行ですが、今回は話が全く違います。
まず最新鋭なので、それだけでも相応に売れると思われます。さらに大阪市交通局30000系や冬に発売の10A系のお供にも最適な車種でもあります。なので大市交ファンが延長線よろしく買うことが容易に想像できます。10系・30000系と大市交の御堂筋線車で発売当時現役だった車種は例外なく即日完売しているので、今までよりは警戒したほうがいいと思います。
但し、編成を組むには10連となるため余りが出ないとしても高額になるがゆえ、一般的には資金を阪急など他社の鉄コレ獲得に充てる傾向が強く、優先順位を落とされがちです。どちらか1本という声もチラホラ。
いやー、初代POLESTARだったらもっと厳しいかなとも思うのですが。
※2017/10/29再追記:先頭車パックは在庫に余裕があるようですが、中間車セットは2種類とも完売しています。以降の販売スケジュールでは先頭車パックのみの発売となります。詳細はこちらの下段。

■京阪13000系
DSC_0304
たびたび過去の車両を発売する京阪が、まさかの最新鋭形式でエントリー。
新世代の京阪を象徴する通勤車として本線と宇治線で勢力拡大中の車両ですが、今回のパッケージ内容は基本と増結に分けられ、基本セットのみでも0番台の宇治線仕様として、増結セットを買えば20番台として本線仕様にも仕立てられるという、昨年の不満を完全に解消したパッケージ内容となっています。
これなら1箱ずつでも編成が成立するので、繰り返し買う羽目になる「沼」にならなくて済みますが、それは逆に敷居がかなり下がることにもなるため購入者はそれなりに増えることが考えられ、これはこれで厳しい争奪戦になる可能性が高いでしょう。
公式発表はこちら
※2017/11/18記述見直し:完売しました。

鉄コレ争奪戦2016・秋の陣 戦果

なかなか落ち着いてブログを書く時間が充てられません。
タイムリーな発言を得たい方はTwitterも併せてご覧ください。 
八割方つぶやきは雑談か批判ですが…。

阪急5300系
IMG_0766 (編集済み)
原形×1・改造車×3でオーダー。
インレタは車番・CIともグリーンマックス製。
エラーの屋根板は到着済。残すは方向幕のシール貼り。
春発売の大市交66系との兼ね合いから、どれにするか悩む。

能勢電鉄1500系
IMG_0786 (編集済み)
マルーン1編成のみ手配。
インレタはジオマトリックス製で、車番には阪急汎用を、CIは詫び品で貰った物を使用。
昨年の5100系との兼ね合いから「普通・妙見口」に設定。
竣工済み。

阪神5700系
IMG_0756 (編集済み)
パンタ・動力・N化パーツは確保済みだが、先頭車の車体がリコール対象という前代未聞の事故により一旦放置。なおパンタ屋根は写真のとおりひっくり返して取り付けるのが正しい。

京阪2600系
IMG_0734
それぞれ3箱ずつ、2回に分けて確保したものの、未だどの編成にするのか決まっておらず思案中。
7連1本と5連1本作れたらいいな。
もう京阪の鉄コレは東京だけで売ったらいいんじゃないかな?

泉北3000系初期車&改造車
IMG_0784 (編集済み)
イベント数日前の発表というゲリラ的発売。ズルい。
京阪2600系の一般発売の後に向かうも余裕で買えて拍子抜け。
6連とし、春発売の後期車との兼ね合いから 区急なんば に設定。
竣工済み。

南海1201形
IMG_0782 (編集済み)
千代田まつりの目玉商品だった訳ですが、前述どおり京阪の一般発売の後の到着でも買えました。
せっかくレールクラフト阿波座製インレタも手に入ったので、全車車番を変更。
竣工済み。



その他の戦果

広島電鉄651号車
IMG_0760

嵯峨野観光鉄道DE10
IMG_0763

阪急6300系『京とれいん』を買っていた

だいぶ時間遅れでぶっこんできてます、すいません。

ホビーセンターカトーから発売の、阪急6300系『京とれいん』を無事入手しました。
予約が想定以上に殺到したためメーカー受注が一旦ストップし、それでも購入希望者が多く再生産を望む声が多かったため、10月に再生産が決定しています。

なお、記事の写真は6月発売分のロットです。
IMG_0586
フロントビュー。当方、電球色室内灯を取り付けています。
あくまで既存製品の一部仕様変更でリニューアルではないので、ヘッドライトは電球、標識灯の非点灯は今までどおり。

IMG_0587 (編集済み)
サイドビュー。
扇のラッピングもバッチリです。
ドアレール部分は未塗装だったので、そこは変更しています。

IMG_0585
ドアレール部分は「でんしゃふぁくとりー」製のドアレールインレタを使用しました。
塗装しなくて良く、また銀と銀の間のドアゴムも表現されているので、便利なインレタです。
お勧め…したいところですが―――

残念ながら、阪急向けドアレールインレタは現在、入手困難となっています。
販売していたGMやボークスのレンタルボックスからも撤去されています。
よく分からないのですが、この「でんしゃふぁくとりー」さんと、大阪市交通局66系のインレタを作っていた「淀川模型工房」さんとは同じ方あるいは同じ組織で別名義なのでしょうかね?
ブログも全記事が削除されており、真相は闇の中です。
何らかの法的措置を受けたみたいですけど、多少の説明は欲しいですね。
「なかったこと」にはできないんですから。  
Profile
QR Code
QRコード
Twitter
時間のある時に鉄道模型を製作していますが、休みがないためその時間すら取れなくなっております。恐縮ですが身の丈に合ったフォローとさせていただきますので、フォロバは期待しないでください。当方へのフォロー・リツイート等はご自由に。
Visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Category
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
  • ライブドアブログ