仕事も趣味も中途半端な人の鉄道模型ブログ。

「にほんブログ村」に参加しております。気に入っていただけましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

表題のとおり、鉄道コレクションの事業者限定版・阪急5000系を買ってきました。

IMG_2272
最近の阪急限定版は先頭+中間のパッケージで、貫通編成を組むには4両編成でない限り先頭車が2両単位で余るという無駄の多いパッケージで個人的には些か不満を抱いていたのですが、今津北線仕様であれば余剰が2両で済むことや、その前年には軽はずみに「5000系欲しい」などとつぶやいており、一応希望は叶った訳で言ったことを翻すのもどうかと思い、今期も導入することに決定しました。
但し前年同様、現行のリニューアル車のみ、1編成限りとしました。

IMG_2266
神戸本線8連仕様では別車系の車体が必要になる訳ですが今さら調達するのは困難なので、初めから今津北線の貫通しか考えませんでした。なので4箱。

IMG_2265
パッケージはいつもどおりです。

IMG_2275 (編集済み)
今回、箱の説明書きにパンタグラフの型番が記載されていません。
厳密・厳格に合致する物は存在せず、EF210の物を組み替えて使えば良いらしいですがそれ自体が手間ですし、第一に素材が市場にあるのかって話で、さらに折損した時に困ることになるのも嫌なので、形状が最も近いグリーンマックス製「PT71D」を使用することにしました。

IMG_2276
少し車両内側に寄ってしまいますが、そこまで違和感はありません。
気になる方は頑張って調達・組み換えればいいと思います。

IMG_2280 (編集済み)
車番・CIは松本商事製のインレタを使用しました。わざわざ神戸三宮まで出て調達。
事実上、阪急電鉄のオフィシャル商品なので貼りやすいですし一発で必要な部分が揃います。

IMG_2281 (編集済み)
IMG_2283 (編集済み)
側面は直接転写、前面は透明デカールからの間接転写で貼り付け。
車番に大きな根拠はなく、西宮北口で偶然現れた5006Fとしました(記事先頭の写真を参照)。

IMG_2301
コーティングですが、今回はGSIクレオスのクリアーをエアブラシで3回吹いています。
大事なことなのでもう一度。エアブラシで3回吹きます。
4回以上では今度はモールドの段差が小さくなってしまい、逆に2回では次の工程で塗装あるいはインレタが剥げる恐れが高いので、厚めに吹きます。
缶スプレーを考えている人も、最低2層がいいでしょう。未検証ですが1層はお勧めしません。

IMG_2307 (編集済み)
あまり力を入れないで耐水ペーパー3000番でサンディング(ついでにホコリも削り取る)→タミヤコンパウンドの赤→青→白の順で研磨します。新聞とかの上に置いて写り込んだ字が読めれば充分でしょう。
それでもどうしても凸部は塗装が剥げやすいので、そこは適当に色差しすると良いでしょう。

IMG_2356
今回は床下も少しだけいじりました。少しだけですが。
は過去に入手した3000系ですが、当時量販店にクリアコートがなく、また時間的余裕がなかったため妥協して半光沢クリアーでコーティングしているのですが、言い訳ですね。その差は歴然。

IMG_2371 (編集済み)
方向幕は今津北線で選ぶ余地がありません。計画通り「普通|西宮北口−宝塚」に設定。

少し手間を掛けましたが、仕上がりには概ね満足しています。
阪急独特の風合いがある程度出たんじゃないかなと。

DSC_0124
ツイッターでは随時言及してはいたのですが、鉄コレ北大阪急行9000系を買ってきていました。
「いつの話やねん」と言われそうですが、このたび作業が終了しましたので投稿することになりました。

IMG_1581
あえて無理をせず始発便で向かうも身体の調子が悪く、さらに桃山台付近で迷子になるなどでかなり出遅れましたが、無事20両分を確保しました。
さらに世田谷総合車両センターさんの出張販売で車番インレタも発売と、車体に関わる材料が概ね揃うことに。

IMG_1641
車番を貼ったらコーティング、ですが、なぜか帯が溶け出し滲んでしまいます。
車体中段は柄表現であり再塗装は困難なので、滲んだ部分はペイントリムーバーで修正。ある程度は誤魔化すことができました。

IMG_2005 (編集済み)
行先LEDのインレタが先日発売となり、早速導入してみました。
付属ステッカーのフォントは明らかに違うので違和感があったのですが、下地に負けず明瞭に見えるのでいい感じです。

IMG_2004 (編集済み)
9001Fは「なかもず」、9004Fは「千里中央」に設定しました。
9004のカプラーがおかしいですが、別途直しておきます。

これにて御堂筋線車がとても充実することになりました。
早く初代ポールスターの発売を!

IMG_1925
2018年4月1日より大阪市交通局は大阪メトロに民営化されましたが、今までの大阪市交通局としての思い出を残すために、また同時期にラッピングデカールがガレージメーカーから発売されたので、デカールの性能や使い勝手を確かめるべく製作することにしました。

材料はこちら。

IMG_1801
車体ですね。鉄コレ・大阪市交通局20系。これがないと始まりません。
発売から時間がかなり経過しており大阪の各店舗では入手できなかったので、東京の店舗から通販で入手。

IMG_1786
今回使用させていただくのは「世田谷総合車輌センター」さんのデカール。
名前のとおり、こちらも東京のガレージメーカーさんです。
はい、大阪の車両なのにメインの材料は全て東京から調達したことになります。

IMG_1802
中央線ですが、今回製作のラッピング車は更新前なので側面方向幕が不要です。パテで埋めてからサーフェイサーで側面を真っ白にします。

IMG_1804 (編集済み)
あとは貼るだけ。
上のカーブで剥がれてくる恐れがあるので、マークセッターでしっかり貼り付けます。

IMG_1823 (編集済み)
マークソフターで軟化させる訳ですが、なかなか硬いのでデザインナイフの刃を入れてピッタリ密着させます。
下地の白が思いっきり目立ちますが、一切気にしなくて良いです。

IMG_1920 (編集済み)
ホワイトバランスがおかしくてすいません。
密着させたら一旦クリアーコートを吹いてから色差しをします。
色はブルー、スカイブルーと、スカイブルーと白を2:3の割合で調色した淡いブルーなど結構な色数を使っています。
側面車番はジオマトリックス製を使いましたが、ジンベエザメの絵柄に溶け込んでしまうのでほとんど効果はありません。

IMG_1924
方向幕は先に導入・竣功している更新車塗装との兼ね合いで東行きに設定しようと考えたのですが、このラッピング車は運行期間が近鉄東大阪線(けいはんな線)学研奈良登美ヶ丘延伸前なので、当時最も東に行く「生駒」に設定しました。


手順は以上のとおりで、比較的少ない作業量で製作できます。
ですがデカールを使用している以上、乾燥工程は避けて通れないのでどうしても時間がかかります。
完成が大阪市交通局としての営業終了に間に合いませんでしたが、その姿を手元に残すことができたので良かったかなと思っています。

computer_keyboard_yatsuatari_businessman
前の会社を辞めてから3年が経過しました。
現在は比較的働きやすい企業で、まともな給与額で働いております。
自由な時間も作りやすくなり、大変満足しております。

以上。

IMG_1873 (編集済み)
とりあえずの導入報のみで。

事業者限定版も所有していましたが、加工や塗り替えが面倒に感じたので。
扱いとしてはTc/M/Mcを車体更新、Tを増車という名目で導入。
相互に連結できるよう、先頭車にTNカプラーを取り付け。
モーター車は4連側に設定(したがって3連の単独運用ができなくなりました)。

ユーザー取付パーツの列車無線アンテナに違う物が混入していたためメーカーからパーツを手配。
少し遅めの竣工でした。
たった数十円程度の部品に送料だけで数百円の余計なコストがかかる訳で、もう少し品質管理を徹底してくださいよ。

昨年12月下旬にKATOから発売されたE001形『TRAIN SUITE 四季島』が、わが家にもやって来ました。

https://www.kato-shikishima.com/
スペシャルサイトも用意されるほどの気合の入れようです。
観光列車の中でも「クルーズトレイン」とカテゴライズされる車種ですが、先に営業運転を開始したJR九州の「ななつ星in九州」、JR西日本の「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」を差し置いての発売となりました。

直前まで試作品が一切展示されず本当に発売されるのか心配でしたが、当初の発表どおり2017年12月に無事発売されました。

当方では室内灯も搭載して、フルオプションでの導入としました。

IMG_1698 (編集済み)
フロントビュー。ホコリっぽくて恐縮ですが、シャンパンゴールドの色彩や三角窓など独特のデザインも余すことなく表現されています。

IMG_1699 (編集済み)
IMG_1700 (編集済み)
IMG_1701 (編集済み)
IMG_1704 (編集済み)
IMG_1706 (編集済み)
IMG_1707 (編集済み)
IMG_1708 (編集済み)
IMG_1709 (編集済み)
IMG_1710 (編集済み)
IMG_1711 (編集済み)
上からE001-10、9、…1。
室内灯の効果が表れるよう、照明を少し落としてあります。
購入者レビューで多く指摘されているとおり運転席横の窓が構造的に実車と少し違うのですが、実車も窓の下半分は制御機器で黒く見えるので強い違和感はなく、プリズムや車体強度の問題から止むを得ないのかなとも。
テーブルライト・暖炉・門柱灯は別にLEDが仕込まれており点灯するので、室内灯未搭載でも雰囲気は充分に伝わりますが、やっぱり室内灯は付けたほうが良いでしょう。

IMG_1712
パッケージも特殊なデザイン。
説明書は著作権の絡みもあるので撮影しませんが、いつもの薄っぺらい2色刷りではなく、上等な用紙にフルカラーで印刷されています。

但しデメリットもあります。
まず高価です。例えば同じ10両でもE231系の国府津車だと、定価ベース2万円ちょっと。一方E001形は3万5000円と、増結編成が買えるだけの差があります。パッケージがバラ売り・基本増結で分かれていないので必ず10両一括購入になり、金銭的負担が大きくなります。ですが、特別企画品なので再生産される保証がなく、資金を貯めて、いざ!と思った時には買えない可能性があります。
また特別企画品であることからASSYパーツの設定が足回りの一部を除いて存在しないので、ボディーを破損するとメーカー送りになってしまいます。

とは言うものの。
乗るのも模型も高額ですが、その分ディテールは納得の一品で、存在感も抜群です。
導入の参考になれば幸いです。