仕事も趣味も中途半端な人の鉄道模型ブログ。

「にほんブログ村」に参加しております。気に入っていただけましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

昨年12月下旬にKATOから発売されたE001形『TRAIN SUITE 四季島』が、わが家にもやって来ました。

https://www.kato-shikishima.com/
スペシャルサイトも用意されるほどの気合の入れようです。
観光列車の中でも「クルーズトレイン」とカテゴライズされる車種ですが、先に営業運転を開始したJR九州の「ななつ星in九州」、JR西日本の「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」を差し置いての発売となりました。

直前まで試作品が一切展示されず本当に発売されるのか心配でしたが、当初の発表どおり2017年12月に無事発売されました。

当方では室内灯も搭載して、フルオプションでの導入としました。

IMG_1698 (編集済み)
フロントビュー。ホコリっぽくて恐縮ですが、シャンパンゴールドの色彩や三角窓など独特のデザインも余すことなく表現されています。

IMG_1699 (編集済み)
IMG_1700 (編集済み)
IMG_1701 (編集済み)
IMG_1704 (編集済み)
IMG_1706 (編集済み)
IMG_1707 (編集済み)
IMG_1708 (編集済み)
IMG_1709 (編集済み)
IMG_1710 (編集済み)
IMG_1711 (編集済み)
上からE001-10、9、…1。
室内灯の効果が表れるよう、照明を少し落としてあります。
購入者レビューで多く指摘されているとおり運転席横の窓が構造的に実車と少し違うのですが、実車も窓の下半分は制御機器で黒く見えるので強い違和感はなく、プリズムや車体強度の問題から止むを得ないのかなとも。
テーブルライト・暖炉・門柱灯は別にLEDが仕込まれており点灯するので、室内灯未搭載でも雰囲気は充分に伝わりますが、やっぱり室内灯は付けたほうが良いでしょう。

IMG_1712
パッケージも特殊なデザイン。
説明書は著作権の絡みもあるので撮影しませんが、いつもの薄っぺらい2色刷りではなく、上等な用紙にフルカラーで印刷されています。

但しデメリットもあります。
まず高価です。例えば同じ10両でもE231系の国府津車だと、定価ベース2万円ちょっと。一方E001形は3万5000円と、増結編成が買えるだけの差があります。パッケージがバラ売り・基本増結で分かれていないので必ず10両一括購入になり、金銭的負担が大きくなります。ですが、特別企画品なので再生産される保証がなく、資金を貯めて、いざ!と思った時には買えない可能性があります。
また特別企画品であることからASSYパーツの設定が足回りの一部を除いて存在しないので、ボディーを破損するとメーカー送りになってしまいます。

とは言うものの。
乗るのも模型も高額ですが、その分ディテールは納得の一品で、存在感も抜群です。
導入の参考になれば幸いです。

新年、明けましておめでとうございます。
とうとう戦果の投稿が越年となってしまいました。
タイムリーな情報をお求めの場合は、Twitter(@CrimsonLabo)もご覧ください。

大変恐れ入りますが、個別の完成報告を投稿する時間の確保が以前ほど多忙ではないものの今後も見込めないため、今年もいったん総括記事とさせていただきます。
また写真はTwitterと同じ物を使っておりますこと、予めご了承ください。

■神戸市交通局1000形
IMG_1519IMG_1620

神戸市交通局主催の「交通フェスティバル2017in名谷車両基地〜B-FREE〜」にて6両確保。
大阪方から始発で向かったのでは不利(最速の路線は些細なことでよく止まるのでリスクも大きい)なので前日夜に出発。泊地は板宿。
行先は「谷上」に設定。

■南海2000系
IMG_1630 (編集済み)
泉ヶ丘の販売イベントにて、赤備えを1編成・通常新塗装を2編成調達し、新塗装の中間2両を脱車して天空用の動力車として割り当て。
現在でも全然買えるようですが確保できる自信がなかったので、あえて前日深夜に出発。泊地はなんば。
種別・行先は赤備えを「急行・なんば」新塗装4連を「普通・橋本」2連を「天空(自由席)・橋本」に設定。

■阪急7000系
IMG_1556 (編集済み)
財政上の都合からリニューアル車8両のみ確保。
編成を作るには6箱で良い訳だが「5箱以下で」と言われた時のリスクを考慮し、神戸線の途中駅から西進または北進して調達する計画であったが、結局スタート地点の駅で6箱調達できたので、少しだけ西進してノマドの多い某カフェで朝食を摂り帰宅。
車番は7014Fに、方向幕は「普通・梅田」に設定。今回からコーティング後にコンパウンドも実施。

■阪神7001形
IMG_1671 (編集済み)
Joshinで悠々確保。今期唯一、始発以降の出発での調達。現在も昨年の5700と共に絶賛発売中。
車番インレタの都合で7109…7110+7948-7848を作ることに。
重加工とは言えないが増結編成のパンタ車の屋根加工がやや面倒。
方向幕は「快急三宮」に設定。

■北大阪急行9000系 POLESTAR II
IMG_1584
桃山台車庫の販売イベントにて各色合わせて20両確保。
始発に乗れたまでは計画通りだったが、乗換駅でお腹の機嫌が悪くなり、さらに桃山台付近で迷子になるなどアクシデント続発。
投稿時点では各車コーティングまで完了。9001Fを「なかもず」9004Fを「千里中央」に設定。
IMG_1641
注意:ラッピング車をコーティングする場合、ラッカー系だと写真のようにラインが滲む場合があるので注意すること。

■京阪13000系
IMG_1676
結局どこに並ぶか決めきれず、当日の天候からいつもどおり淀屋橋にて調達。
今回は数が極端に少ないのか、車庫イベントはおろかいつも制限が緩い日比谷の先行発売でさえ「1人1箱」の制限で、どこの駅売りも同じとの話。想定どおり。
淀屋橋名物「割り込み」が発生するも、今回は「後ろに並べ」を素直に聞き入れました。
宇治線として4連1本と、本専用で7連1本分を確保。
行先ステッカーは0番台を「普通・宇治」「Local|Uji」に設定。20番台はこの時点では決めていません。

表題のとおりです。

IMG_1770 (編集済み)
予算の都合で、今回はリニューアル車1編成のみとしました。

今回からツヤ出しのためにコンパウンドを行っています。
車番は松本商事(阪急百貨店)製インレタを使用。
パンタグラフはKATO製阪急用を採用。
あとは説明書どおり。

IMG_1555
んで、いい加減「先頭中間2両パック」ってやめて欲しいなーと思う。
編成どおりに買うと、日の目を見ないムダな先頭車が4両も出るでしょ?
少しはユーザーのことも考えたらどうですかね?売れれば良いんですか?

IMG_1492
表題のとおり、事業者限定鉄コレ・神戸市交通局1000形を買ってきました。

感想としては、神戸市交通局の電車としては初のプラ半完成品というのもあり、大変熾烈な争奪戦となりました。
天候には恵まれたものの日陰がなく暑いため、並ぶにも体力勝負を強いられる過酷なものだったように思います。
当日の始発出発ではかなり到着が遅くなる(加えて、利用している路線が些細な理由で運休することが多く、実際当日も遅延が発生していたようです)と考え、前日深夜に神戸市内入り・一泊し当日の始発で名谷入りしました。

IMG_1527IMG_1532

戦利品と内容物です。お菓子が捨て値で売られていたのですが、衝撃的に不味かったので結局捨てました。
方向幕ステッカーは「新神戸」「名谷」「西神中央」「快速西神中央」の4種類。
何で「谷上」がないの!?
車番(方向幕:後日調達)はレールクラフト阿波座製インレタを使用します。

IMG_1620
行先は「谷上」に設定しました。

IMG_1621
パンタグラフはKATO製阪急用パンタグラフを使用しています。

IMG_1622
車端部に転落防止幌がモールドされているので、申し訳程度ですがゴム部分を表現するためにガンダムマーカーで塗ってあります。

個人的にはかなり気に入っています。
過酷な遠征でしたが、頑張った甲斐がありました。

※おことわり:この記事は2017年夏に発売の4両パックについての記事です。
2両編成(天空とのセット)パッケージについては後編として投稿します。

DSC_0386
表題のとおり、事業者限定鉄コレ・南海2000系を買ってきました。

前年夏の先行発売は大親友との合流のため前日深夜に堺東で一泊でしたが、ダイヤ的には堺東でもなんばでも始発便の到着時刻は同じと分かり、今回は無理をせず(?)なんばで一泊してからのスタートとしました。
後発の車両調達や処理に充てる時間の確保も必要なので、あえて先行発売で確保することに。
場所は前回と同じく泉ヶ丘ですが、季節が違うことや風がないという予備知識から暑さ対策も立てやすく、そこまで過酷ではなかったように思います。

IMG_1513
パッケージ。今回もフタ付きで気合が入っています。

IMG_1514
ダイナミック開封の儀です。開き方おかしいんですけど!!!
1箱だけ接着不充分でフタを開けたらこんな感じでした。
車体に損傷はないため交換は求めていません(即デジタルスキャンなので箱の品質はどうでもいい)。

IMG_1516
付属ステッカー。種別は各停普通急行快急。行先はなんば、関西空港、和歌山市、高野山極楽橋、橋本、三日市町と南海線・高野線どちらでも行けるような設定。
あと「2扉車」のフォントがおかしいです。
ただ恐ろしくハゲやすいので、レールクラフト阿波座製ステッカーを推奨(後述)。

IMG_1630 (編集済み)
通常塗装は2編成分、赤備え列車については1編成を調達。
車番はレールクラフト阿波座製インレタを使用。

IMG_1629
パンタはKATO阪急用。特需前にあちこちから多めに確保しておいて正解でした。

IMG_1628
通常塗装1編成は中間2両を脱車して天空専用の扱いとしました。
適切なコマが収録されていないので、阿波座製ステッカーを使用しています。

たまたま一般販売に下りてきたので確保できましたが、事実上イベント限定品になっている物が多いので、今後は採用するかどうかや調達のタイミングを熟考せざるを得ないです。
発売して久しいのに、イベントでは売るけど実店舗や通販で売ってくれないってのはちょっと…。

これにて宙に浮いていた天空も運用できるようになりました。
が、今度は中間2両が宙に浮くことになってしまいました。
これについては後編にて。

※Final Update:2017/11/18
体力的になかなか落ち着いてブログを書く時間が作れません。
気付いたら昨年秋の戦果以来、何も投稿していませんでしたね。
リアルタイムな動向はTwitterもご参照ください。

■神戸市交通局1000形
DSC_0177
過去にバスコレの発売は行っていた神戸市交通局でしたが、事業開始100周年を記念して初の発売となりました。
西神・山手線開業から現在まで機器更新を経ながらも現役の車種。ふるさと納税の返礼品として設定があったものの、やはり一般向けにも発売されることになったようです。
仕様としては16〜18の三次車、先頭+中間2両の組み合わせだそうです(神戸市交通局に確認済)。
神市交初の鉄コレどころか初のプラ製品化となるので、とても厳しい争奪戦になりそうな気配
公式発表はこちら
IMG_1519
※2017/11/18記述見直し:イベント当日は発売個数を倍にし、後日乗り入れ先である北神急行のイベントで販売したものの、完売しました。
今後のイベント等で発売される可能性は著しく低いものと見られます。

■南海2000系
DSC_6094
近年は南海のみ夏のボーナス商戦時期の発売でしたが、今年は各社の発売が集中する秋の発売となりました。
今回は2扉の短い2000系で赤備えラッピング車と一般車の2種同時発売。
後期車とのことなので先頭車にパンタグラフが載っており、中間車2両を抜くことで先頭車2連の編成にも可能。
これにより、ようやく過去に発売された「天空」のお供が出ることになります(スペシャルサイト下段に、モニター参加者から同様の発言あり)。
この車両型式自体は一度マイクロエースからも発売されていたことや、日比谷イベ以降に一般発売もありますが、過去と比べて数量がかなり少なめなので、それなりに厳しい争奪戦になりそうな気配
スペシャルサイトはこちら
※2017/11/18記述見直し:なんば駅の他、旭屋書店なんば店での取扱が開始されました。現時点では完売のお知らせは出ていません。

■阪急7000系
DSC_0325
事業者限定鉄コレの元祖でもある阪急ですが、今年は7000系を登場時の鋼製車体である「原形」と、前面貫通扉の窓が下部に延長された「リニューアル車」の2種同時発売。
どのような組み合わせでも先頭車が複数単位で余るというコレクター泣かせのパッケージ内容。
原形については梅田方7000〜7002、リニューアル車は7013〜7015が該当します。
床下パーツを何とかすれば、原形については6000系に仕立てることも可能。
いつも阪急は大変厳しい争奪戦になりますが、例年とは少し違うところもいくつか。
厳密には微妙な違いがありますが、旧塗装はグリーンマックスから塗装済み完成品が、しかも最近にも再生産があったばかり。加えて編成どおりのフルセットを組む場合は3万円近くに達するため、GM製と価格が近づくことが挙げられます。
また個人の感想と言える部分ですが、リニューアル車の前面が好みでないという声もしばしば散見されます。
今回は5100や5300ほどの奪い合いにはならないようにも見えますが、果たして?
詳報はこちら
※2017/10/14追記:鉄道甲子園(ネット通販)は10分も経たないうちに完売、多くの発売駅で完売となっています。

■能勢610形
(写真はありません…と言うか引退した時にカメラすら持っていない)
元は阪急の610系としてデビューし能勢電鉄に譲渡後引退した、という車両だそうです。
ごめんなさい、実車を全く知らないので車両の概要すら伝聞でしか書けない有様です。
のせでんは5100が改造需要から厳しい争奪戦になった例外がありますが、それ以外は1000系ですら長期間残っていたので、争奪戦になるような要素もないに等しいため、欲しい人は別のを優先してもいいでしょう
※2017/10/14追記:Aセットについては完売の情報がありますが、筆者当人が参戦・購入はしておりませんので、情報の確約ができません。詳報はこちら

■阪神7000形
(写真はありません…が、見た+乗ったのは間違いありません)
昨年の5700系が例外中の例外だったのか、今回はすでに廃車された7000形が方向幕ありなしの2種類で発売。
客用扉の窓も区別されているようです。
過去に発売の7891などと組んでいたこともあるようで、割と多彩な編成に仕立てることができると思います。
近年、阪神の鉄コレはかなり多めに生産されている(最新鋭の5700系ですら現在も残っている)ので、慌てなくていいかなと見ています。
※2017/11/18追記:この時点で完売の情報は出ていません。在庫に余裕があるように見られます。

■北大阪急行9000系POLESTAR II
DSC_0124DSC_0132
過去に発売の車種全てが意外にしぶとく残っている北大阪急行ですが、今回は話が全く違います。
まず最新鋭なので、それだけでも相応に売れると思われます。さらに大阪市交通局30000系や冬に発売の10A系のお供にも最適な車種でもあります。なので大市交ファンが延長線よろしく買うことが容易に想像できます。10系・30000系と大市交の御堂筋線車で発売当時現役だった車種は例外なく即日完売しているので、今までよりは警戒したほうがいいと思います。
但し、編成を組むには10連となるため余りが出ないとしても高額になるがゆえ、一般的には資金を阪急など他社の鉄コレ獲得に充てる傾向が強く、優先順位を落とされがちです。どちらか1本という声もチラホラ。
いやー、初代POLESTARだったらもっと厳しいかなとも思うのですが。
※2017/10/29再追記:先頭車パックは在庫に余裕があるようですが、中間車セットは2種類とも完売しています。以降の販売スケジュールでは先頭車パックのみの発売となります。詳細はこちらの下段。

■京阪13000系
DSC_0304
たびたび過去の車両を発売する京阪が、まさかの最新鋭形式でエントリー。
新世代の京阪を象徴する通勤車として本線と宇治線で勢力拡大中の車両ですが、今回のパッケージ内容は基本と増結に分けられ、基本セットのみでも0番台の宇治線仕様として、増結セットを買えば20番台として本線仕様にも仕立てられるという、昨年の不満を完全に解消したパッケージ内容となっています。
これなら1箱ずつでも編成が成立するので、繰り返し買う羽目になる「沼」にならなくて済みますが、それは逆に敷居がかなり下がることにもなるため購入者はそれなりに増えることが考えられ、これはこれで厳しい争奪戦になる可能性が高いでしょう。
公式発表はこちら
※2017/11/18記述見直し:完売しました。