仕事も趣味も中途半端な人の鉄道模型ブログ。

「にほんブログ村」に参加しております。気に入っていただけましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

この記事は、2011年秋に発売された事業者限定品としての20系を改造して製作した車両の記事になります。2016年1月に発売されたオープンパッケージの更新車についてはこちらからご覧ください。
なお、この記事で紹介している車両は谷町線仕様に再度塗装を変更し手元からなくなる予定ですので、実物をお見せすることができなくなります。 

s-IMG_0693

先日発売された、『鉄道コレクション・大阪市交通局20系』を、現行の仕様に加工しました。
発売された物は10系の金型を流用されたと思われ、塗装以外にも実車と所々異なる部分があります。

大阪市交通局20系・中間車
  1. ドアの縁が不要
  2. 車番は切り抜き文字で銘板ではない
  3. 車体裾の段差はない
これらはヤスリ掛けで解消しますが、1編成あたり車番銘板は12箇所、ドア縁は48箇所、車体裾は60箇所あります。
1日では無理…。

車番と帯はジオマトリックス・デザイナーズ・インクさんから発売のデカールを使用しました。
但し、大阪市交通局の通称“コマル”マークが不足しているので貼り付けていません。
本来1両あたり4箇所、計24コマ必要なのですが、なぜか収録は18コマ。謎。

デカールの切り出しと貼り付けに、片側だけで3時間かかりました。
貼るだけでなく、マークセッターになじませる作業、本当に気の遠くなる作業です。
位置合わせしやすいのが、せめてもの救い。

塗装ですが、タミヤの「シルバーリーフ」を吹き、上からツヤ消しトップコートを吹きました。
帯まで少々白っぽくなってしまったのが残念ですが、アルミ車両特有の白っぽい銀が再現できたかなと思います。

方向幕はコスモスクエア行きにしました。

集電靴付き台車も実車に合わせてあります。
床下もM車とT車で変えてはいますが、必ずしも正確ではないことをご了承ください。
製作の参考になれば幸いです。

2010年11月1日より「にほんブログ村」に参加しております。
ポチっと押してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ 

先日GREENMAXから発売された、阪神9000系(なんば線対応車)のレビューを。

阪神9000系正面
印象はよく捉えられていると思います。
但し前面ガラスパーツがライトユニットとの関係でどうしても浮いてしまうのが残念か。

阪神9000系鳥瞰
カプラーをKATOカプラーAに変更したのですが長さが合っていないため、 トレーラー車同士では連結面が狭く、動力車が入ると連結面が広くなってしまいます。
TOMIX製の伸縮式TNカプラーに交換しますか…。

阪神9000系側面
側面。ガラスの青さも適度になっているように思えます。
乗っててブルーガラスとは感じませんでしたが。

阪神9000系方向幕
走行中非点灯の側面LED表示ですが、フラットブラックを塗る手間が惜しかったのでステッカーを貼ることにしました。
余談ですが私の所有しているJRの車両は非表示状態を表現するために貼らないことにしていましたが、これからは貼ることも考えたいと思います。
種別・行先は快急三  宮に設定しています。

阪神9000系ステッカー
付属のステッカーです。
一部の販促記事では「メジャーなものは収録されている」と書かれていますが、全然足りません。
シール共通化でコマ数に限りがあるのでしょうけど、9000系新造時と共通にする理由がわかりません。
ご立派に急行奈良が収録されているのだから、せめて阪神線発の快急奈良や準急、区間準急も欲しかったかな。
前面ステッカーを貼る時は、前面ガラスを外すだけでなくライトユニットも取り外してから貼ると位置合わせがしやすいです。

9209号車には増結用にTNカプラーを取り付けました。
スカートパーツがTNカプラーに対応となっていますが、説明書で指定のTNカプラーは生産されていない(SP仕様に変更されている)ので意味がありません。
カプラーポケットを別に用意して付けることになり、面倒な上コストがかかってしまいます。
とりあえず従来品の枠をSP仕様と交換して取り付けることに。

1000系の増結車も欲しくなってきました。

(※2011/11/06追記:1000系に付属のシールに収録されているLED表示との比較を追記しました。詳細は『続きを読む』をご覧ください。なお仕様の都合上、ガラパゴス携帯では背景色が正しく表示できませんので、パソコンあるいはスマートフォンからご覧ください。)

2010年11月1日より「にほんブログ村」に参加しております。
ポチっと押してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ 

2011年秋に発売され入手できた、鉄道コレクションの事業者特注品のレビューです。

なお京阪2000系は、スケジュールの都合や製品仕様の問題から購入しておりません。
転売屋中古市場から調達の予定もありません。
もし京阪2000系の情報をお探しの方は他を当たってください。

※2011/11/03:記事内容を加筆修正。

関西鉄コレ2011


■南海1000系(初代)
s-IMG_0653s-IMG_0654s-IMG_0652

南海なんば駅にて、一般発売日に購入。
今では当たり前に付属しているアンテナパーツ・ステッカーや交換用の屋根板の他に、事業者特注品としては珍しく動力化用の台車枠が付属しているという充実の内容。
但し台車は電動車と付随車で異なるが付属の台車枠は付随車の物となっており、付随車を動力化するという不思議な仕様である。
またヘッドライトパーツが浮いていたり金型のパーティションラインが少々目立つ(写真3枚目参照)。
パンタグラフはPG16、動力台車はTM-14を使用。
余った先頭車2両は京福に転用の予定。

■大阪市交通局20系中央線
大阪市交通局20系・中間車大阪市交通局20系

学研奈良登美ヶ丘で行われた先行販売会で入手。ひとまず2編成分を確保。
先頭車前面の緑色の塗装が甘い(ハミ出ていたり色ムラが多数で揃っていない)。
ヘッド/テールライトの黒部分が塗装されていない。
擦り傷が多く(銀なので特に目立つ)、中には彫り傷がある物も。
10系の金型を再利用したのか、実車にはないドア部分の縁や車番プレートの成型があるなど、期待していただけに大変残念。
帯も登場時のもので現行は異なるため、再塗装を含めて加工することに決定(追記の時点でIPA処理中)。
帯はジオマトリックス・デザイナーズ製のデカール、先頭車前面は灰色9号、側面はGMのアルミシルバーを使用予定。

■阪神5311形
s-IMG_0658

実車と同じ数4両だけ、一般発売日に尼崎駅にて購入。
今回は大嵐(土砂降り・強風)だったためか、徹夜で並んでいた人は昨年の半分程度。
修正痕はともかく、自身の購入した分のうち偶数車1両が傷だらけという残念な結果に。
わがままを言うならヘッドライト部分に銀色が差されていれば良かったかなと。
以前に発売・入手した分に合わせるためにも再塗装を検討中。
但し今回の鉄コレラッシュの中では一番の好印象に感じる。
パンタグラフはKATO製阪急用パンタグラフ、動力台車はTM-12を使用。
台車枠は台車から切り取って貼り付け。

■阪急3000系
阪急3000系正面阪急3000系妻面
阪急3000系阪急3000系パッケージ

一般発売日に淡路駅と梅田駅で購入。都合12両を確保。
擦り傷がある物や、中には巻き込んだホコリの上に銀色塗装が乗ったため大きく滲んでいた物があり、これらについてはメーカー送りに。
その他、窓枠の印刷がズレていた物が多く、2000系の出来が良かっただけに少々残念。
パンタグラフはグリーンマックス製PT43を使用の予定。
動力台車はTM-12を使用。パッケージに「※台車枠は対応していません」という表記があるが、TM-12に付属のFS345のブルーグレーが同一。

■まとめ
昨年はどれも仕上がりこそ悪くなかっただけに、今回は目に見えて質が落ちたように感じました。
精度が悪い分お安くなっている訳で、気に入らないなら納得が行くまで自分で再塗装しましょうってところでしょうか。
さて、これからNゲージ化作業が待っていますが、竣工は一体いつになるやら…。

2010年11月1日より「にほんブログ村」に参加しております。
ポチっと押してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ 

陳列されたサンプルを見て思ったこと。
GMの阪神9000系、ガラスの色がちょっと誇張しすぎだと思うんですよね。
探したらこんなのしかなかったんですが、写真で見る限り、確かにブルーガラスに見えないこともないですけど、製品のは濃すぎるように思いました。
s-Trim_DSC_0306

私は阪神なんば線対応の方を買う予定です。
レビューはその時にでも。

2010年11月1日より「にほんブログ村」に参加しております。
ポチっと押してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ 

かなり前に入手したA編成の新塗色、少し前に発売された復刻塗装のA編成、そして最近発売されたD編成のNゲージ化です。

【用意する物】 
動力ユニット:TM-12
金属車輪:TT-04
パンタグラフ:PT-4212-S(後述)

パンタグラフを除いては説明書通りです。
なお、A編成新塗色は既にNゲージ化を完了しておりましたが、台車間の長さが19m級にリニューアルされており、これに合わせるため足回りを交換しました。
動力化の際に余った19m級の床板を、A編成新塗色のものと交換するだけです。
何に転用するかはさておき、これで18m級動力が捻出できましたよ、と。

s-IMG_0640
昔に発売されたものと比較。下が新製品。

ここでパンタグラフですが、私はPT-4212-Sを使うことにしました。
PG-16よりも、実車のイメージには近いらしい…。

s-IMG_0643s-IMG_0644
引退までに乗りに行けないのが残念ですが。

2010年11月1日より「にほんブログ村」に参加しております。
ポチっと押してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ 

「りんごカラー」と呼ばれる長野電鉄2000系のD編成が鉄コレで発売となったので入手しました。

s-IMG_0638
種別・行先方向幕はガラスに印刷済みです。
その他、動力化パーツ付き。

ですが復刻マルーン塗色ぐらいのクオリティーを期待するのは止めたほうが良いかもしれません。
特に赤はムラができやすい色なのですが、製品も見事に色ムラが出ていました。
写真でも分かるとおり、なんか修正痕があるんですがw
気に入らない方はマイクロエースのを買ってね、ってことですかね。

Nゲージ化ですが、以前に出た別のカラーリングの物も含めて、一括して作業しようと思います。
と言うのも、最近に出たマルーンとりんごカラーの足回りが、少し前に出た新塗装のものから変更されており、2編成とも動力化すれば新塗装の足回りも更新できることになります。

乗ったこともないので資料ないですけどね!

旧・成田エクスプレスの253系も走っているみたいですし、一度は乗ってみたい。
そうなると旧村山橋とか作りたくなってきます。

2010年11月1日より「にほんブログ村」に参加しております。
ポチっと押してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ