仕事も趣味も中途半端な人の鉄道模型ブログ。

「にほんブログ村」に参加しております。気に入っていただけましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

ご無沙汰しております。

今回は1ボックスだけ買いました。
まずはサイドビューを見ていきましょう。

パンタグラフや車輪を交換しているものがあります。
ご了承ください。

■庄内交通 モハ8
s-IMG_0893
実車は1975年の路線廃止まで運用されていましたが、廃止以降はそば屋の脇で放置されていたようで、現在は解体されています。

■京王帝都電鉄 デハ2400形
s-IMG_0894
現在、静態保存されている車番とは異なります。

■上田交通 モハ5250型
s-IMG_0896
丸窓の愛称で人気があった車両。
取り付けていませんが、トラス部分が別パーツで付属しています。

■京福電気鉄道 ホデハ260形
s-IMG_0895
庄内交通モハ8と同じく、京王デハ2400の改造車。
しかし資料が少なすぎ…。

■京阪電気鉄道大津線 350型
s-IMG_0897
両運転台なので一次車である。ポール集電からパンタグラフに置き換えた頃には2両固定編成(連結側の手すりが要らない)だったような気がするのだが。
私が手に入れたロットはディープグリーンが掠れていました…。

■京阪電気鉄道大津線 600型
 s-IMG_0898s-IMG_0899
このシリーズでは唯一2両で1編成の車種。車番が白なので比較的最近の状態のはずだが、CIが旧のものなので、2007年頃の仕様と思われる。

■高松琴平電気鉄道 1000形
s-IMG_0902
個人的には大本命の琴電1000形。民事再生法申請以前の仕様。
色合いは完璧だが、ステップ部分も塗ってあったら最高だったかな。

■高松琴平電気鉄道 3000形(300)
s-IMG_0903
現在も「ことでんレトロ電車」で活躍する300号車。丸窓やリベットも表現されています。
エバーグリーン賞受賞当時の仕様。

■高松琴平電気鉄道 3000形(345シークレット)
s-IMG_0900
シークレットは3000形の動態保存が行われなかった345号車でした。
引退時は、ノーマルの300号車と同じカラーリングだったが、製品はあえて旧塗装。
HOゲージの同車種と整合性を取るためでしょうか?

箱根登山鉄道…撮り忘れましたorz

全体的に、良くも悪くも鉄コレの特徴が出ています。
色合いは良く研究されており、好印象。
しかし今回は細かな仕様が変更されており、室内パーツがない(仕様だと!?)、カプラーがすぐ外れる、なぜか床板に集電用の穴が開いている、など、今までのシリーズとは別物と考えても良いでしょう。

今度5月初旬に、600形の一次車、以降ことでん1080形や1053形も登場するので、時代考証は別にして、なかなか「買い」のシリーズでした。

「にほんブログ村」に参加しております。
ポチっと押してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ 
 

ご無沙汰しております。

とりあえず手短に。

今回ラインナップとして登場したのは、120・300とシークレットの345号車。
但し120と300については、どれも現在の「ことでんレトロ電車」として動態保存されているカラーリングとは異なる。
345号車については90年代に廃車されている。
なおこの記事投稿時点で動態保存されているのは120・300・23・500の4両。
23も500も車体が全然異なるので、これらから作ることは不可能。

300はカラーバリエーションとして旧塗装・遺産認定時(プロトタイプ)・現行の3通りあり、現行塗装は茶色一色にすればいいだけなので簡単だが、旧塗装では客用ドアを置き換えるか丸窓を四角窓に変更する必要があり、前者を取れば面倒な作業は避けられず、後者であれば345と同じになるだけなので無意味。

120は製品通りの旧塗装と現行塗装の2種類のみ。大きな更新もないので簡単。

3車種とも共通する話として、ステップの塗装が甘いので、踏面をライトグレーで塗ること推奨。
模型では確実に上から見られることになるので目立つ。
ビックリするぐらいダミーカプラーが抜けやすいが、一方いろんな車種と連結して走っていたようなので、連結器は交換してやるといいかも。

作業が終わったら、また書きます。

s-IMG_0906

「にほんブログ村」に参加しております。
ポチっと押してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ 
 

わずかながら時間に余裕ができ始めたので、山積みしていた仕掛品の処理に着手しました。

s-IMG_0885
左から、雨樋のある琴平線用603、デフォルトのまま、800番台加工後の姿です。

s-DSC_4122
実車のうち603-604-605-606が琴平線に配属されたことで、600形は全ての路線で運用されています。
そこで今回、琴平線カラーの600形も併せて製作することにしました。

800番台はかなり前に製作しましたが貫通路の処理が納得の行くものでなかったのと、KitcheN製のエッチングパーツが手に入ったので、作り直すことにしました。

今度、オープンパッケージで1080形の発売が決定しています。
でも先行して出されていた1100形と色合いが違う可能性が高いと考え、カラーリングを合わせるべく塗替えを決断しました。

運用されている車両は琴平線・長尾線・志度線でそれぞれ車体の下半分に路線カラーを纏っていますが、上半分は全て同じ色のようです。
しかも旧塗装よりもさらに淡いアイボリー。
ですが製品では上半分のアイボリーの濃淡がバラバラ。
1100形と700形は濃すぎる。逆に600形は薄すぎです。
で、かつてはスプレー缶の小田急アイボリーを吹いたのですが、これまた少し濃い色をしています。
スプレーは吐出量が全然違うので、それなりに濃く見えてしまうのが難点でした。
でもボトルの小田急アイボリーは、ほぼジャストな色合いです。
エアブラシで吹き付ければちょうどいい塩梅になるのではないかと。
そんな試行錯誤を繰り返し、今日は時間切れ。

「にほんブログ村」に参加しております。
ポチっと押してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ 

最後の更新から4ヶ月近くが経過していますね。
Crimsonです。ご無沙汰しています。
新年のご挨拶すらしていませんが身内に不幸がありましたので、今年は新年の挨拶を控えさせていただきます。
仕事は最悪の状態で、ケガや病気にも苦しみ、2012年は良いことが全くない一年でした。

もう済んだことですが2012年10月の下旬から「私事都合は全面却下」の通達が出され、またこの4ヶ月の間に3つ病気を患ったのですが、休暇どころか「診察終了後、即出勤せよ」という最悪の環境でした。
ちなみに休暇の却下は違法行為であり、さらにそれで死亡したり身体に障害を抱えれば労災なのですが、上司は「興味がない」のだそうです。
他にも毎日のようにシメ上げ目的の発言がありましたが、今年に入りこの気の狂ったプロジェクトからようやく開放され、昨年夏から溜まっていた個人的用事を済ませ、今日に至ります。

それでも、模型とりわけ鉄コレに関しては何とか欲しい物は手に入れられたのかなと。
始発で並んで、買って、即出勤もあったり、物理的に無理な場合は通販で買ったり。
ところがその通販で一悶着があったり、本当にしんどかったです。
いずれ追って記事にしていきます。

関西で発売された鉄コレ、最低1編成分は全て確保しました。
関東のものは箱根登山鉄道と京急だけです。他も出てましたが実車を見たこともないので完全スルー。
その前に、だいぶ前に手に入れた鉄コレをいい加減に仕上げないと…。

「にほんブログ村」に参加しております。
ポチっと押してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ 

s-IMG_0876
とりあえず何とかなりそうです。

s-IMG_0877
車体横幅が適合するのはTM-TR01のみです(背景に写っている黄緑色の箱が目印)。
但し台車の軸間が全然合わないので、動力台車と可動台車を切り離す必要があります。
残念ながら、切り離すにはオーバーホールしかありません。

オーバーハング位置を合わせるだけならLLサイズのスペーサーがピッタリですが、仕様上ドローバーで連結する必要がありますし、排障器などの床下パーツを活かしたいので要工夫といったところ。
故障の際に簡単に分解・交換できるよう、上手いことスペーサーを何とかしようと考えています。

いつものことですが忙しいので、今日はこれにて。

「にほんブログ村」に参加しております。
あなたのワンクリックが、私の製作意欲につながる…かもしれない!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ 

10月20日に一般発売が開始された、「鉄道コレクション・阪神7861形・7961形」を買ってきました。

s-IMG_0873
なかなか好印象。
私の手元にある分は特に大きなエラーがありませんでしたが、掲示板を拝見していると「窓ガラスが割れている」という報告が多く見られます。

s-IMG_0874
s-IMG_0875
サイドビュー。

ひとまずパンタはTOMIX製に、アーノルドカプラーからKATOカプラーに交換。
アンテナパーツを取り付け。

今回、従来どおり当日始発から主要駅での駅売りに加え、阪神コンテンツリンク、さらに一部のJoshinスーパーキッズランドでも販売されています。
多めに作ったのもあるでしょうけど、直接資本関係のないJoshinで扱うのには何か裏がありそうですね。
本当は阪神百貨店で発売日に合わせてイベントを開いて売るはずだったが9月に模型売場がポシャったので、その割り当て分をJoshinに回したんじゃないかな?と。
あくまでも推測ですが。
実際、Joshinの店員さんは発売の1週間前になって販売の話を聞いたそうです。

この記事を書いた時点では、まだまだ買えるようです。
気合入れて買いに行く必要はなかったというオチ。

ここから愚痴。
当日は仕事(休日出勤)だったので、買ったら始発で帰って仮眠、即出勤というハードスケジュールでした。
私にとっては一大イベントでも、職場にとっては私事都合。
転売屋中古市場で調達すれば倍以上の値がつくこともありますが、職場はレンタルボックスやネットオークションでの調達を、むしろ推奨しているほどです。 
理由は簡単で、「割増賃金を支払うのだから、それを元手に買えるじゃない。」
こういう趣味に理解のない人の意見は、そんなもんなのです。
少し前の南海や今回の阪神みたいに、少々出遅れても余裕で買えるのが理想ですね!

「にほんブログ村」に参加しております。
ポチっと押してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ