仕事も趣味も中途半端な人の鉄道模型ブログ。

「にほんブログ村」に参加しております。気に入っていただけましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

10月14日に一般発売が開始された、「鉄道コレクション・京阪電車80型」を買ってきました。

よくわからないのですが、Wikipediaでは「80形」、でも商品パッケージでは「80型」となっています。
どっちが正しいんだろう?

s-IMG_0861
パンタだけ交換しました。
全体的な印象はバッチリ捉えられているように思います。
標識灯もいい感じです。

s-IMG_0862
s-IMG_0863
サイドビュー。

s-IMG_0864
Nゲージ化は結構しんどいかも。適合する動力ユニットもありません。
後から出るかもしれませんが、純正品で走らせられないのは少々残念。

今回は少々思い入れのある車種だったので、気合入れて行きました。
学生時代、時間を見つけては撮りに行ってたような。
駅から出てくる時、駅に入ってくる時に鳴る、あの警笛の音色がすごくイイんですよ。

「にほんブログ村」に参加しております。
ポチっと押してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ 

いよいよ事業者限定の鉄道コレクションシリーズが続々と発売となる訳ですが。

●南海6000系(発売中・入手済み)
s-IMG_0845
わざわざ非冷房で方向幕もなしという謎の車種選び。
方向幕パーツやデカール等、材料は全て調達済み。
いつ作業するの?

●京阪大津線80形完売・入手済み)
s-IMG_0861
今回は京津線の路面電車区間で活躍した80形をフィーチャー。
乗ったことはなかったけど、学生時代はよく写真を撮っていました。
昨年はスケジュールの都合でスルーしたが、「けいおん!」ラッピング車も出た、びわこ号も出る、鉄コレ17弾で600形も発表されているから、これは正直欲しい。
また開始10分前になって「一人1箱」とか言い出すのだろうけど2箱以上買わなくても充分なので、最後は大挙して一家で駆けつける転売屋との戦いになるか。

●阪神7861・7961(発売中・入手済み)
s-IMG_0873
1箱でも2箱でも3箱でも、どこかの路線所属の時代を再現できるという、絶妙な車種選び。
私にとっては阪神西大阪線時代の印象が強いので、2箱4両の確保を考えています。
職場の出勤指令との戦いになりそうですが…。

●箱根登山鉄道モハ1形(一般発売前・入手済み)
PSC_0225s-IMG_0867
突如発表された箱根登山鉄道モハ1形。
こいつには箱根の温泉に行く際に乗りました。
南海電車まつりでも発売されるとのこと。買えるなら欲しいかな。
但し動力台車は後日発売とのこと。

●阪急6330形
実車は1編成8両しか現存しない。なぜこの車種なのか?(6300系とは先頭車方向幕の上下位置が違う)
そして、なぜ先頭車と中間車を分けて売るのか?なぜ中間車のロット数が著しく少ないのか不可解なセット仕様。
中間車セットが押さえられなければ先頭車を他形式に転用もできないのでスルーかな。

今回は大阪市交通局が発売なし。
私が聞いている中で話せることを言うと、「誰が売るのか?」でまとまらなかった様子。
実際、駅の売店がファミリーマート化していることでも容易に想像がつくでしょう。
車種選びではないです。
人件費云々もあるにはあるようですが、大きな比重を占めている訳でもないそうです。
でなきゃボークスのイベントに出店なんかしませんから。
大阪市交通局(民営化後?)は来年以降に期待します。 

2010年11月1日より「にほんブログ村」に参加しております。
ポチっと押してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ 

涼しくなってまいりました。
皆様、お元気ですか?

相変わらず忙しい日々が続いているのですが、先日、鉄道模型の通販サイト「壱番館」が閉鎖されたという話を知りました。
色々思うところがあり、サイトの存在は知りつつも利用はしませんでした。
事実上の実店舗である阪神百貨店も、10年は行ってないと記憶しています。
昔は入手困難な商品も調達してくれるなど、随分世話になってたんですけどね…。

「閉店の告知メールが短い文章でしかも突然送られてきた。説明もなく誠意に欠ける」という趣旨の発言がありました。
メールの文章も拝見しましたが、これは関係者が打ったものではないと思います。
少なくとも壱番館は、破産した問屋の社長の奥さんの名義で運営されていました。そこで苗字こそ同じながら、下の名前が異なる差出人が出てくるのは不自然です。
これは自己破産の申請と同時に、パソコンが差し押さえられたためではないかと思われます。
大昔の記憶なので当てにしないで頂きたいのですが、社長はそこまでドライな方ではなかったような。
私からすると、妻子を捨てて鉄道模型を取るような店よりよっぽど誠意があるように感じますけどね。

まあそれぐらいですかね。

いたずらに前金払いや極端な割引率の話を出してくるお店って、かつて尼崎や日本橋にありませんでしたっけ?
現金の支払いを急かす行為は、裏を返せば自転車操業の可能性を疑わなくてはなりません。
業者独自のポイント制度も同様です。
還元率が変動する場合は、その業者の「体力」を示している場合があります。

欲しい物だけを、自分の目で見て、財布の中身を上限額として、納得できる場合だけ手に入れる。
私はそうしています。
鉄道模型って、決して安価ではないのだから。

2010年11月1日より「にほんブログ村」に参加しております。
ポチっと押してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ 

この記事は2012年夏に発売された、旧塗装の非冷房車に関する記事です。2018年12月に発売の新塗装・冷房改造車についてはこちらをご覧ください。またそれに併せて非冷房車についても改修も実施しております。
相変わらず忙しい日々が続いております。
皆様、お元気ですか?

さて本日、三日市町で先行発売となった、鉄道コレクション・南海6000系を買ってきました。 

s-IMG_0845

写真のとおり、シルバーは綺麗に発色しています。
付属品はアンテナパーツ、動力用台車枠、スペーサー、交換用屋根板、ステッカーと、昨年と同様に充実の内容。
登場当時の非冷房車ですが、通風器は取り外しが可能です。
差し込み穴が開いていますが、過去の鉄コレ(一畑、ことでんなど)のクーラーと穴同士の間隔が異なるので、流用することはできません。
車体は構造的にJR201系に近く、車体自体はかなり柔らかいので分解時には注意が必要です。

ひとまずNゲージ化のみ完了。
動力はTM-08(20m級A)、カプラースペーサーは動力側には短い物、非動力側には長い物を使いました。
パンタグラフはPG16で良いと思いますが、ストックが1個しかなかったorz
冷房化+方向幕取り付け+現行塗装は気が向いたら手を付けようかと。

三日市町での話ですが、(南海の)予想を上回る購入者が来たためフロア内に集約することができず、11時頃に着いた方を炎天下の通路に並ばせることになったため、運営側の判断で発売を30分繰り上げて開始されました。
フライングにも思えますが、外の気温と直射日光はかなり危険でしたから適切な判断だったように思います。
当日の様子はこんな感じ。

当方、難波の一般発売はスルー。

「にほんブログ村」に参加しております。下のバナーをガンガン押してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ 

ご無沙汰しています。
Crimsonです。

ストックしていた鉄道コレクションの高松琴平電気鉄道600・700・1100形を、導入当初の旧塗装仕様に塗り替えました。

s-IMG_0838

【用意する物】
白:Mr.カラーGX「クールホワイト」
緑:水性ホビーカラー「エメラルドグリーン」
グレー:水性ホビーカラー「ダークグレー(フィールドグレー1)」
いずれもGSIクレオス

車番インレタはGMの京浜急行のものを使用しています。
実車のものと比べて小さいですが、ちょうど良いサイズのインレタはないので。

水性ホビーカラーを使用した理由としては、綺麗なエメラルドグリーンの塗料が水性ホビーカラーにしかラインナップがないためです。
水で道具を清掃できる反面、乾燥時間が遅かったりクリアコートも水性しか使えなくなるのでデメリットも多かったりしますが、琴電独特のエメラルドグリーンは、これしかないと思います。
今後、新塗装にもこの色を使うしかなくなりましたが。

色の考察は今後記事にしますが(またかよ)、過去に鉄コレで出た新塗装車両のことでんは、上半分がどれも違っており統一感がありません。
また下半分の黄色(琴平線)は色褪せすぎ、緑色(長尾線)は薄すぎ、赤色(志度線)は濃すぎ。
GMの塗装済みキットと並べると一目瞭然に違和感が出ます。

今度は旧塗装(アイボリーとファンタゴンレッド)の作業を予定。
ついでに久しぶりに魔改造でもしようかな…。

2010年11月1日より「にほんブログ村」に参加しております。
ポチっと押してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ 

以前から簡易型のエアブラシは所有していたのですが、本格的なエアブラシを購入しました。

s-IMG_0814

AIRTEX Beauti4+ 0.5mmです。
時間がないのでメンテナンスの手間も惜しくスプレーに頼りっきりだったのですが、色の数が事実上無限で、また塗膜が薄くできるのは大きいですね。

ゴールデンウィークにブン回して仕掛品を一気に消化と思っていたら、祝日全部仕事になりました。
デビューはいつになるんだろう…。