Crimson Laboratory

仕事も趣味も中途半端な人の鉄道模型ブログ。

「にほんブログ村」に参加しております。気に入っていただけましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄コレ・大阪市交通局66系、発売へ

DSC_1016B

投稿時点ではポスターの掲示のみですが、鉄道コレクションの事業者限定品として、大阪市交通局66系の発売が発表されました!

IMG_0301

ただ、販売スケジュールを見て戸惑いを隠せませんでした。

3/8(火)11:00〜 @南港ATC
3/19・20(土・日) @万博鉄道まつり2016
4/18(月)7:00〜 @定期券発売所(梅田・難波・天王寺)

万博鉄道まつりはまだしも、先行発売は平日の昼間。一般発売も平日の朝。
休みを取るのが難しい社会人には少々厳しいスケジュールです。
御堂筋線10系の時のことを、もう忘れましたか?
お役所仕事もいいところです。

何よりも驚いたのは、ポスター中段右側。
「お一人様1回 3個まで」
つまり、その、なんだ、1巡だけではフル編成にできない訳か。

66系は竣工当初、6両で運用されていました。
これを8連化するっていうので、2両を増備して8両にした経緯があります。
今回は他の事業者同様、パッケージは先頭車と中間車の2両セットとなるので、編成として成立させるためには4箱ないし6箱買う必要があります。
厳格に「一人1巡のみ」とされると、編成は作れなくなってしまいます。
但し「お一人様1回」 と書いてあるので、並び直しを禁じている訳ではなさそうです
つまり多くの購入者は2巡することを想定しないといけません。
(2016/03/15追記)先頭集団は並び直しができたとの情報が複数あります。したがって2巡することは禁止されていませんでした。

パッケージと車体のサンプルが載っていますが、内容物についての記載はありません。
さすがにアンテナパーツや方向幕シールは付いてくるでしょうけど、非パンタ車用の屋根が付属しているか現時点では不明です。
もし付いてなかったら、フル編成化は面倒ですね。
これは問い合わせてみますか。

(2016/03/15追記)後日記事にしますが、非パンタ車用屋根は付属しています。
ステッカーも付属していますが、車番ステッカーは6両編成当時のものしか収録されていません。
8連にする場合は、サードパーティー製のインレタ・ステッカー等を別途用意する必要があります。


結構厳しい争奪戦になりそうですね、特に土日が。

1月の散財

年初のご挨拶をすっかり忘れておりました。

新年、あけましておめでとうございます。
本年もCrimson Laboratoryをよろしくお願い申し上げます。

正月早々、思い切った車両の導入を行いました。
以前から欲しかったけど、当時の収入や忙しさ、在庫の有無など様々な理由から手が届かなかった車種というのが共通しています。

■阪神9300系
IMG_0218
2つの阪神ファン同士(電車・野球チーム)の間で物議を醸したカラーリングでデビューした9300系ですが、新しい世代を象徴する配色は個人的に決して嫌いな色合いでもなかったりします。
連結器交換後のスタイルも販売されていましたが、シングルアームパンタ交換後のモデルを購入しました。
我が家の赤胴車は特急や快速急行として充実しているので、比較的よく乗っていた「急行西宮」に設定。

■名古屋鉄道1000/1200/1800系 パノラマsuper B編成
IMG_0216 (編集済み)IMG_0223(1)
名鉄は鉄コレで何両か所有していましたが、現役の車種としては初の導入です。
旅行や仕事での移動でたまに調子に乗って展望席に座ったり。
6両・8両どちらでも運用できるよう、TNカプラーに交換してあります。
今後、名鉄車については特急車だけでなく、スカーレットの普通車も導入を積極的に…できたらいいなと考えています。
方向幕はデフォルトの「快特豊橋」から「特急岐阜」に設定。
上述のとおり6両での運用も想定しており1513号車もヘッド/テールライトが点いてもらわないと困るので、ライトユニットの再生産まで当面は8両で運用の予定。

■阪神1000系(先頭車6両)
IMG_0261 (編集済み)
阪神9000系はリニューアル車を快速急行として導入済みですが、6連では阪神なんば線・近鉄奈良線の運用としては物足りない気がしていました。
なんば線沿線への通勤では10両編成に乗ることが多かったです。
そこで1000系の2両編成を2本導入することを検討していたのですが、少しお高いので二の足を踏んでいました。
ところが最近になって先頭車6両セットが某店舗にて45%引きで販売されていたので、迷わずゲット。
これで阪神なんば線10連の増結分としても、あまり見ないですがブツ6の特急としても運用できるようになりました。
先頭車セットでは中間車扱いの編成はヘッド/テールライトが点灯しないので、別途ライト基盤を調達して電球色LEDに装換の上、搭載しています。
但しTNカプラーの在庫が市場にないので、不本意ですが当分は方向幕を変更せずスイングドローバーで運用の方針。

鉄コレ・大阪市交通局20系中央線を買ってきた

先日発売された『鉄道コレクション・大阪市交通局 地下鉄中央線20系更新車 6両セットA』を買ってまいりました。
商品名に「6両セットA」と、何か含みを持たせた表現になっています。
もしかして、後から谷町線仕様が出たりして?

2011年秋に事業者限定品として2両セットが発売されていましたが、今回は1セットで6両フル編成となります。
限定品は登場時の帯パターンでしたが、今回は現行と同様です。
また限定品ではドア枠や車番部分がモールドされており(当然間違い:検証記事)10系の金型を流用した可能性が高かったのですが、今回は「新規金型です」と営業の方も話していたとおり、造形面での修正が行われており、事実上の改良再発売と考えていいでしょう。

IMG_0264 (編集済み)
フロントビュー。残念ながら私の個体は正面にホコリがかぶっていました。
直そうかどうか迷いどころ。
IMG_0267
IMG_0268
IMG_0269
IMG_0270
IMG_0271
IMG_0272
サイドビュー。
車番がかすれていたり方向幕の印刷が雑気味ですが、全体的にはいい印象です。
帯の色もサンプルと比べて発色は良くなっていると思います。

方向幕は「コスモスクエア」が印刷済み。
付属ステッカーには学研奈良登美ヶ丘、生駒、長田、森ノ宮、回送、試運転が収録。
また限定品では台車パーツが付いていないので動力化が面倒ですが、オープンパッケージなので台車枠が付属しています。

購入を検討している方のご参考になれば幸いです。

さて。
私は逆に、限定品をエラー修正して現行仕様に塗り替えた訳ですが、我が家には「1形態1編成の原則」があるため、こいつの処遇を考えなければならなくなりました。
という訳で、近日中に谷町線仕様に塗装変更しようと考えています。

2015年の導入実績

■2月
IMG_0182
一畑電車2100系(一畑電鉄カラー)

■3月
IMG_0194
京阪大津線600形(けいおんラッピング)

IMG_0198
京阪大津線600形(四次車)

■5月
IMG_0119
北越急行HK100形

■6月
2015-07-16-22-24-17
JR西日本105系和歌山線

■7月
IMG_0254
南海7000系

IMG_0252
京阪大津線600形(一次車)

IMG_0253
京阪大津線700形(けいおんラッピング) 

■8月
IMG_0256
JR東日本E6系こまち

■9月
IMG_0271
阪急9300系

■10月
IMG_0042
阪急5100系

IMG_0052
能勢電鉄5100系

IMG_0284
北大阪急行 旧8000形

IMG_0290
阪急8000系

■ 11月
IMG_0133
阪神3000系

IMG_0150
山陽3050系(入手自体は9月)

■12月
IMG_0190
京急2100形

IMG_0208
近鉄1201系 

ことし一年を振り返り

10大ニュースってほどの話題もないのですが、大きな出来事といえば再就職ぐらいですかね。
でも、前の会社を辞めて本当に良かったと思います。これは一点の曇りもないです。

実は春ごろ病状次第では余命宣告を受けてもおかしくない病気を患ったのですが、検診での休暇を「会社としては(健康診断を)未承認なので、欠勤として扱わせていただきました。」とされたのです。
それもタイムカード提出時や給与計算時ではなく、給与明細でいきなり言われました。
さらに受診結果は伝えないといけないか問うたところ、「別にご連絡いただかなくても結構です。会社として関知しません。」との回答が。
これが退職の決め手となりました

事実、遠回しながら従業員の生命や健康よりコストカットが大事と言っています。
なぜなら何年経っても、まともな企業なら年一回あるはずの健康診断受診の指示がないので以前から怪しいなと思っていたのですが、この会社では健康診断は受診と休暇のダブルコストになるという理由で受けさせていないのです。
実際、私は同じ時期にケガをしたのですが、その際に総合的な健康診断の受診を希望しても「君は対象外の年齢です」だとか「健康状態を気にしている暇があるなら仕事に専念してください。」などと、とにかく理由をつけて受けさせないように持って行こうとしている態度が見られました。

賃金や仕事内容の悪化については過去に記述しているので、こちらも参照ください

結局、求職活動と並行して前の会社を相手取って訴える準備を整えていて、労働審判や裁判などで長期化も覚悟していたのですが、前の会社から「まずいとは感じていた。だから払ってやる。」と相変わらず自分は悪くないという態度を保っていたものの違法性は認識していたため、未払賃金の請求には素直に応じたのが意外でしたし幸運だったと言えます。

本当に辞めて正解でした。

しかし転職後の現在、労働時間そのものは長くなってしまいました。
自分の部署は常に忙しいので休日出勤も特に多く、連休になるかどうかが決まるのは2〜3日前なのでとにかく旅行の計画が立てられません。
それでも予定している用事を片っ端から潰してくるようなことは一度もなかったので、恵まれてるなと感じたりもします。

鉄道模型ですが、いつもどおり新規導入も多かったですが、今年はリプレイスつまり新旧置き換えも行いました。
あくまで私にとって、鉄道模型は記憶を残す手段の一つでしかありません。
より品質の高い製品が登場したなら、そちらを残すようにしています。
今年は廃車も多い一年だったかなと思います。

あとは自分自身の鉄道会社に対する好き嫌いも、ある程度は適用しないといけないと考えるようにはなりました。
押し入れの容量が限界に達しています。
車両に罪はないですが、いい思い出のない鉄道会社の車両を出してきて走らせても良い気分にはなりませんからね。
今のところ特に印象の悪い、ぬれ煎餅・赤電・フューチャーブルーにはご退場いただく方向で考えています。



来年以降の導入計画ですが、関西の私鉄はほどほどに。
そろそろ導入を保留していた中部地区の車両も進めたいと考えています。
時間を見つけて、長野方面にも行ってみたいですね。
Profile
QR Code
QRコード
Twitter
時間のある時に鉄道模型を製作していますが、休みがないためその時間すら取れなくなっております。恐縮ですが身の丈に合ったフォローとさせていただきますので、フォロバは期待しないでください。当方へのフォロー・リツイート等はご自由に。
Visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Category
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
  • ライブドアブログ