Crimson Laboratory

仕事も趣味も中途半端な人の鉄道模型ブログ。

「にほんブログ村」に参加しております。気に入っていただけましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄コレ・能勢電鉄5100系も買ってきた

10月の大型連休最終日に、『鉄道コレクション・能勢電鉄5100系』も、阪急5100系に続いて買ってまいりました。

一昨日の日比谷での売れ行きを考慮すると阪急の時のように瞬殺ってことはないと踏んでおりましたが、一方でマッタリ買えるという保証もなく少々不安に感じたため、今回もなるだけ早い時間帯に現地へ乗り込むことにしました。
通勤で川西能勢口を使うことはありましたが、能勢電鉄の乗車はこれが初めてだったりします。

現地には6時半過ぎに到着したのですが、すでに多数が並んでおりました。
期待の高さが伺えます。
気付いた頃には列の最後尾が小道の横断歩道を超えそうな勢いで、沿道の商店からクレームが来たのか販売開始1時間前に駐車場へ誘導されました。

発売開始は10時と各社局の中では遅い時刻ですが、その後は取り乱す者も特におらずスムーズに流れたと記憶しています。

阪急に先祖返りの改造や2パンタ屋根目当てで4箱買う方が多かった印象ですが、1編成だけ組成できればいいと考えていたので、当方は4両分の2箱しか購入しておりません。

IMG_0050
まずはパッケージ。フタ付きでイラスト入りと、阪急版に近い内容です。
かつて発売されたものよりもだいぶ気合が入っています。

IMG_0278IMG_0279
あえてサイドビューから行きます。
毎年、発売直後は梅田や日本橋の量販店から在庫が消えてなくなることから買い溜めしておいたので、竣功と言わずともサクッと走行可能状態まで持って行っています。
クーラーは能勢電鉄仕様で、先日発売の阪急版とは別物が乗っています。

IMG_0280
フロントビュー。
印象は文句なしですね、阪急として見るなら。
ヘッドライトの形状が、明らかにのせでん移籍後とは違います。

IMG_0052
帰宅直後にiPhoneで撮影したものですが、ヘッドライトはシールで対応となっています。

うん、どういうことなの?

上から貼ると見栄えは悪くなるだろうし、でも内側に貼ってそこからガラスパーツってのも、なんか違うような気がします。
要工夫ですね。

のせでん5100系は、車庫開放イベントで販売会がもう1回あります。
買い損ねた方は、参考にしてください。

鉄コレ・阪急5100系を買ってきた

秋の事業者限定鉄道コレクションの開幕戦、阪急5100系が発売されました。

今回は登場時の原形と、現行仕様の一つであるリニューアル車の2形態での発売となりました。
2形態での同時発売は2300系以来ですが、その時のことを踏まえて絶対数が極端に少なくなり早くに完売すると予想し、早起きして始発に乗り梅田駅に向かいました。
6時前には到着したのですが、無線か何かのスピーカーから「原形完売でーす」との連絡が聞こえました。
早めに出て正解だったような気がします。

IMG_0042
フロントビュー。どちらも印象はバッチリ。
リニューアル車は方向幕が黒く塗られているので、回送にする場合は要注意ですね。
そんな人、滅多にいないですけど。

IMG_0043
あえて妻面も撮りました。ドア窓が拡大されているところもきちんと再現されています。
今の木目調化粧板は少し濃いめなのですが、そこもちゃんと塗り分けているのが好印象。

IMG_0044
付属ステッカー。
原形は宝塚線だけでなく、一時期走行していた神戸線や京都線のものまで含まれています。
「春の臨時・宝塚⇔大阪」や、もみじマークの「みのお⇔梅田」なども収録。
角板の真ん中には薄っすらと線が入っているように見えるのですが、反転式の再現!?
一方、リニューアル車は特急・通勤急行・急行・通勤準急・準急・普通の一般的なものが収録されています。
さすがに 通|池田 はなかったか。

パンタは、原形についてはKATOの阪急用を使用しました。一般的ですね。写真は割愛。

IMG_0276
リニューアル車のシングルアームパンタですが、実車が2本ホーンであることと、あまり大きすぎると後方の避雷器に付け根がぶつかるため、小型のTOMIX製<0255>PS33Dを使用しました。
お店に無理を言って他いろいろと試させてもらったのですが、これが一番無難なようです。
写真ではスペーサー部品を外した状態で取り付けてありますが、外さないで取り付けたほうが四角い部品と干渉しなくて済みます。

【進捗状態】2016/01/03現在
原形:作業中(金属車輪に交換)
リニューアル車:作業中(インレタ貼付完了) 

KATO・阪急9300系を買ってきた

表題のとおり、先日KATOから発売された『阪急9300系』を買ってきました。

製品は後期に増備された3次車がプロトタイプとなっています。
特別企画品の8両セットと、通常の基本4両・増結4両が発売されています。
両者の違いは車番と行先表示の設定で、特別企画品は9305編成の特急・河原町行き、通常品は9308編成の特急・梅田行きに設定されています。

どちらを調達しても良かったのですが、一括でフル編成が作れることや行先表示の設定から、特別企画品のほうを予約しました。
特別企画品の前面行先パーツは快速急行梅田通勤特急梅田準急河原町が付属していますが、側面シールは付属していないため何らかの方法で調達する必要があります。
快速急行・梅田行に設定したいのですが全く時間が取れないので、少し前に竣工した6330系と一緒に手を入れる予定。
いや、このままで良いかもと迷っていたり。

IMG_0271
フロントビュー。印象はバッチリです。

IMG_0262
真正面からテールライト点灯状態。
内部で屈折することなく点灯しているのがわかります。
IMG_0263
IMG_0264
IMG_0265
IMG_0266
IMG_0267
IMG_0268
IMG_0269
IMG_0270
サイドビュー。
写真ではわかりにくいですが、阪急車独特のツヤありマルーンも完璧に表現されており、文句なしの出来です。
強いてマイナスな部分を上げるなら、シングルアームパンタのシューが緩すぎて水平になってくれないことぐらいでしょうか。

導入を迷っている方のご参考になれば幸いです。

KATO・E6系を買ってきた

表題のとおり、KATO製E6系を購入しました。

IMG_0256
KATOとTOMIX双方から発売されており、どちらもなかなか甲乙付けがたいのですが、全体的なディテール・走行性能・導入コスト・竣工までの作業量から総合的に判断し、KATO製にしました。

IMG_0258
ヘッドライトの印象も悪くありません。

IMG_0259
ロゴも申し分なし。

IMG_0260
行先表示は独自のレギュレーションがあるため、「こまち24号・東京行き」としました。
発売時は「スーパーこまち」としてデビューし、行先表示も「スーパーこまち3号・秋田行き」に印刷済みですが、「乗車した時の仕様とする」というレギュレーションがあるので、ジオマトリックス製ステッカーで変更しています。
ピンクの色合いも印刷表現よりいい感じです。

さて、E5系「はやぶさ」を導入する日は来るのでしょうか。
乗るか遭遇すれば買っても良くなるのですが、なぜか自分が東京に行った時には遭遇しません。 
秋葉原付近でE7系「はくたか」には遭遇したんですけどね。

今回は秋田の特急を増備した、という建前です。 

仕事に飽きたので、秋田に行った

今年の春の話です。
当時在籍していた会社に嫌気が差し、会社を辞め旅をすることにしました。

秋田には飛行機で行きました。
撮り鉄をするのに飛行機を使うのは邪道かもしれませんが、鉄路のみで行こうとすると結構な時間がかかり、また繁忙期は航空券の値段も割高になるので、GWを避け、土曜の朝に出発し日曜の夜に帰るタイトなスケジュールで遠征することにしました。
航空券を手配した当時は無職ではありませんでしたが、働きすぎの割にあまりコストがかけられない・休みが取れない事情は、過去の日記からお察しください。

お目当てとしては、年明け前に導入した由利高原鉄道YR-2000とE6系こまちです。
秋田県はおろか東北に行ったことがなかったのと、JR東日本の新幹線に乗ってみたかったのがありました。

1日目。
秋田空港→秋田→羽後本荘。
4月下旬とは言え、秋田を完全にナメていました。めちゃくちゃ寒いです。
とりあえず矢島まで完乗して運用のチェック。
後継車両YR-3000で移動。

DSC_6024
しかし一向にお目当てとはすれ違いません。
YR-2000は車庫でお寝んねしてました。終了。
…と思いきや、運転士さんからイベント充当でYR-2000が出てくるとの情報を聞き、しばらく前郷駅で待機することに。

ただただ、ひたすら待つ。
駅員さんにも完全に怪しまれています。
昨年の川跡駅と全く同じ状態です。

そして…。
DSC_6032
 DSC_6034
やったね!

これで我が家のYR-2000を「処分」しなくて済みました。
駅員さん、運転士さん、本当にありがとう!

その日の夜は、ホテル近くの料理屋で比内地鶏を堪能。
昨年は観光客殺到で地元の食材をいただくことができませんでしたが、今回は美味しくいただくことができました。
強烈に寒かったですが。



2日目。
最低でも秋田から大曲、でもせっかく秋田に来たので秋田内陸縦貫鉄道にも乗っておこうと考え、急遽予定を練り直すことに。

秋田から大曲は、あえて普通列車で向かうことにしました。
『電車でGo!2 』と同様の路線です。
大曲から角館は未指定特急券という、関西では馴染みのない切符でこまちに乗車。

DSC_6055
DSC_6051
やっぱりこまちはカッコいいですね。
赤が美しい。

さて角館に着いたは良いのですが、桜の季節で大混雑していました。
臨時列車も出ているのですが、完乗はもちろん大きな駅のある阿仁合まで向かってしまうと帰りの飛行機に乗れないことが判明。
せっかく角館まで出てきて「乗らない」という選択肢もどうかと思ったので、帰れる限界の「八津」まで向かうことに。

DSC_6063
DSC_6072

これにて時間切れです。

あとは少々のおみやげを買って大阪へ。

今回の反省点として、旅行資金はともかく、もっと余裕を持ったスケジュールにすべきだったと思います。
但しGWに行こうとしても便が取れるかは別問題ですし、ならば休みを取って行くことも当時の環境では非常に困難だったので、これが限界だったかもしれません。

おまけ。
DSC_6026
今度GMから出るそうで。GMがJR世代の特急車を出すのは秋田リレー号以来で非常に珍しい気がします。 
Profile
QR Code
QRコード
Twitter
時間のある時に鉄道模型を製作していますが、休みがないためその時間すら取れなくなっております。恐縮ですが身の丈に合ったフォローとさせていただきますので、フォロバは期待しないでください。当方へのフォロー・リツイート等はご自由に。
Visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Category
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
  • ライブドアブログ