Crimson Laboratory

仕事も趣味も中途半端な人の鉄道模型ブログ。

「にほんブログ村」に参加しております。気に入っていただけましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

1日は今日はびわ湖毎日マラソンの開催日だったんですね。
ご無沙汰しております。Crimsonです。

先日発売された、鉄道コレクション・京阪電車大津線600形2種を買ってきました。
片方は比較的最近発表となった4次車、もう片方はかなり以前に発表された3次車「けいおん!ラッピング」です。

特にラッピング車は、Bトレはともかくプラッツからも完成品が先に発売されるという、ある意味の競作となってしまっています。
またラッピング車は運行終了からかなりの時間が経過しており、現在運用中の『放課後ティータイムトレイン』は700形を使用した二代目です。
空前の『けいおん!』ブームも去って久しく(ローソンではグッズ目当ての客が発売開始前から張り込む姿も見られました)、ちょっとタイミングを逸しているようにも感じずにはいられません。

さて、物を見ていきましょう。
まずは3次車の『放課後ティータイムトレイン』から。

IMG_0191IMG_0192
サイドビュー。デカールより発色は劣るものの、値段の割には良く出来ていると思います。
逆サイドは割愛します。

IMG_0194
フロントビュー。
側面と違い、前面は塗装の上から印刷されています。

IMG_0199
鉄コレのラッピング車全般に共通して認められることですが、印刷部分が過剰にテカテカしています。
なので半光沢クリアーを吹くことをお勧めします。段差もあるので、時間のある方は何層もコート、コンパウンドの繰り返しも良いでしょう。
しかし琴吹紬(ことぶきつむぎ)がパッケージも含めて全般にわたって「Tumugi」なのはいただけない。
実車は正しく「Tsumugi」と表記されているのに…。

続いて4次車。

IMG_0196IMG_0197
サイドビュー。申し分なし。
なお、実車・617-618号車は2015年3月末まで『ちはやふる』ラッピング車になっており、標準色で新CI、ラッピングなしという製品通りの時期は短期間だったりします。
期間終了後このカラーリングに復元されるのか、また別なラッピングを施されるのか、それともまさかの再延長か?

IMG_0198
フロントビュー。
こちらも申し分なし。

2種とも共通して、方向幕は「坂本」に設定されています。
付属品はアンテナパーツといつものレールとなっています。
方向幕ステッカーはありませんので、600形特急色に付属のシールを使うか、ジオマトリックス・デザイナーズ・インク(GDI)から発売の大津線用ステッカー(K802)を使うしかありません。

当方、エラー対策と塗り替え用で4次車は3箱確保しました。
ただ、何に塗り替えるかに迷います。
手っ取り早いのは『ちはやふる』か『パト電』なのですが。

最後に。
P_20150301_213611
大津線の車両は尺が短いので、CASCO製タキ用ウレタンに刃を入れて14両収納できるよう改造してあります。
ミニ用のウレタンなら10両入ります。
収納に困った方はお試しあれ(但し自己責任で)。 

先日発売された『鉄道コレクション・一畑電車2100系一畑電鉄カラー 2両セット』を買ってきました。
自分で塗り替えたりして作ろうと思っていた矢先の製品化発表だったので、個人的には大助かりです。

まず実車のほうを。
DSC_4969
私が撮りに行った日は運用表に掲載がなく、雲州平田〜川跡の臨時運用に就いていました。
パーク・アンド・ライドのPR不足で、雲州平田→川跡の全区間で客が私一人という珍事が起きた、変わった思い出の車両です。

IMG_0180IMG_0181
サイドビュー。
色合い的にはこんなもんだと思います。
少し強い黄色で正解です。
但し黄色い鉄コレ特有の、プラの質感を何とかしないと。
あと後述しますが、せっかく金型を変更したのだから、ルーバーパーツを印刷ではなく立体表現にしてくれたらもっと良かったかも。

IMG_0182
フロントビュー。
通常弾、京王カラー、しまねっこ号と続いてきた車体ですが、今回から標識灯とテールライトがクリアパーツに変更されています。

付属パーツはステッカーとアンテナパーツ、あとはいつものショボいレールです。
台車枠は付いていませんので、TM-06R付属のものを使います。
行先表示は「松江温泉」が印刷済みで、ステッカーには「電鉄出雲市」「出雲大社前」「特急出雲大社前」「急行松江温泉」「川跡」が収録。またしても「雲州平田」が未収録です。

一畑の元京王5000で鉄コレ未発売は、5000系と楯縫だけになりました。
さて、出るのでしょうか?
または元東急1000の新車が出たりして。 

※おことわり
この記事は2015年度の予想記事です。2016年度の予想記事はこちらからご覧ください。
あくまで個人の予想であり、後になって「言った/言ってない」とならないよう備
録として記述したものです。
なお記事の投稿にあたり、各社局へのヒアリングは一切行っておりません。当記事に書いてあると言って、関係各位への問い合わせは絶対におやめください。
また個人的な製品化希望ではありません。
そして的中・ハズレに関係なく、導入する・しないは別途検討します。

上記にご了解ご注意の上、ご覧くださいますようお願い申し上げます。 


鉄道コレクションシリーズの『由利高原鉄道YR-2000形』を導入しました。

導入に際して、オープンパッケージのほうは量販店では入手せず、あえて由利高原鉄道Webショップで発注したのですが、1週間ほど経過しても音沙汰がないので電話で確認したところ、サーバートラブルで注文情報が送信されておらず入金だけが完了しているという謎状態だったそうです。
京急の件といい、どうやら私は通販と相性が悪いようです。
第19弾のほうは晒し売りを安く買ってきました。

全車両、半光沢クリアーでコーティング処理を施しました。

IMG_0174
第19弾のほうですが、ライトパーツが塗装されていません。
どういうことなの…。

IMG_0173
ゆり鉄ラッピング車ですが、印刷部分の段差とツヤが目立ちます。

IMG_0172
おばこ号のヘッドマークの印刷がやっぱり潰れてしまっていますが、まぁ許容範囲ってところでしょうか。

IMG_0169
プラの質感が目立つので、中から白サフを筆塗りしてやっても良いかもしれません。

IMG_0170
印刷の解像度がかなり荒く、アニメのキャラはともかくサボの文字すら判読不可。

IMG_0171
こちらも印刷は荒いですが風景画なので、あまり気になりません。

ひとまずYR-2002(おばこ号・緑)のみ動力化。
ゆり鉄のほうもいずれ動力化します。

さて、ルール上、買った限りは乗らないといけない訳ですが、果たして撮りに行けるのか?

新年、あけましておめでとうございます。
本年も『Crimson Laboratory』をよろしくお願い申し上げます。

昨年は新車の増備が多い一年でした。
さらに一年の間に2回も旅行に行ったのは久しぶりのような気がします。

車両形式だけで30種類以上にものぼります。
明らかに買いすぎです。
とは言え、長年待っていた車種(例えば大阪市交通局60系など)が発売されることが多かったため、個人的には豊作の一年だったかもしれません。

ほぼいつもどおりですが、メーカー別に見れば鉄コレ(TOMYTEC)の購入が圧倒的多数ですが、一方で関西の事業者限定版の鉄コレはスルーが多かったのが、例年と大きく異なります。
今年の関西鉄コレは期待外れの一年でした。
その一方でJR沿線の職場に異動したのを契機に、久しぶりにKATOの車両セットを購入するなど、興味が私鉄からJRに少し動いたのも確かです。



2015年の方針として、まず仕掛品の解消を最大の目標に掲げます。
2012年以来ずっと言ってきましたが、2013年以降も断続的に過酷な現場に配属されるなどで、なかなかゴールが見えないでいます。
その最初のステップとして、地下鉄レイアウトの再建に着手しています。
IMG_0168

どうせ作り直すならと思い、今回はLEDテープやACアダプターなど一定レベルの既成品使用して、作業量を減らすことに重きを置いています。
すでに8割ほど完成しました。

前のもおおよそ出来上がっていたのですが、母の手によって、ある日突然、事前予告もなく無断で、わざわざ業者を呼びつけて高い費用をかけて廃棄されてしまいました。
「断捨離で生きるんや!」を座右の銘として、物を捨てることに情熱を注ぐ母から、如何にして遠ざけるかが最大の課題。

それから積み上げっぱなしの鉄コレを処理するなど。
休暇や予定を徹底的に潰してくるようなことはないでしょうが、また過酷な職場に出向させられる可能性が高いので、今後は安易な塗替え目的の調達はせず、カラバリ変更の製品発売が期待されるかを慎重に見極め、また改造するにしてもどれだけの作業量が発生するかを熟慮しての購入を心掛けようと考えています。

本年が皆様にとって、素敵な一年でありますように。

最後に、2014年に導入または増備した車両のご紹介を。 

【注意】商品の一部に発火する恐れのある物が含まれる模様です。
使用の際は充分ご注意ください。
タムタムオリジナル室内灯『TORM.』を試してみることにしました。

IMG_0164
窓が大きめの車両にTOMIXやマイクロエースの室内灯を取り付けると、真横から見た時にプリズムが目立ってしまいダサい印象を受けます。
上の写真はプリズムを取り外さないで搭載した状態です。

IMG_0163
このTORM.は基板とプリズムが取り外せるため薄くすることができるため目立ちにくくなります。
また従来の白色LEDを用いた室内灯はLED1粒ないし2粒をプリズムで拡散させているため、どうしても端部は暗くなりがちですが、このTORM.は一定間隔でチップLEDが配置されているので、均一の明るさで、眩しいぐらいの明るさを表現することができます。

IMG_0166
今回は小田急20000形「あさぎり」に取り付けてみました。

これだけLEDの数が多いのに既存のものより価格が安いのは、白色LEDの量産効果が価格に反映されているものと思われます。
むしろTOMIXの室内灯の価格は、いつの時代の設定なんでしょう?

ただ、もうちょっと取り扱い店舗が増えればなあ。