ブログネタ
umpc(ウルトラモバイルパソコン)・netbook(ネットブック)・5万円パソコン に参加中!
SANY1978今話題のネットブックパソコンを改造してみました。







準備するものは下記としました。
SANY1967






ネットブックパソコン
ASUS Eee PC 900HA
まずネットブックPCの中でも格安であったこと(梅田某ヨドで34,800円)、画面サイズが8.9インチ小さいこと、またHDD搭載ということでSSDへの交換が容易であること、加えて以前「中のパーツをご自身で交換した場合でも元の部品があれば保証は残ります」と公式の見解を得たため、この機種を選びました。
電池の持ちも結構良いのでオススメです。

DVDドライブ
USB接続の物なら何でも良いので、昔使っていたDVDドライブをコンバートした物を使います。

SSD
SANY1977






今回の主役、SSDはCFD製30GBを選択しました。SSDの中では読み書き共に遅い方ですが、HDDよりは圧倒的に速いので、これで充分です。
6,000円ほどで、大阪日本橋で購入。

あとはネットブックに付属品のリカバリーDVD・ACアダプターが必要です。
今回の記事の対象ではありませんが、メインメモリ1GBでは結構しんどいので、ノートPC用のメモリ(PC-5300)2GBも用意しておくと良いでしょう。

SANY1971SANY1972SANY1975






まずバッテリーを外し、裏蓋を開けます。ネジ4本で止められているので、細めの+ドライバーで外します。
それでも両面テープで留められているので、最初に外す時は少々力が要ります。
割らないように上手く取り外します。

ハードディスクは金具で固定されています。金具ごとスライドさせて静かに取り外します。
その後にメモリも一緒に交換しておきましょう。

金具は側面4本のネジで固定されているので、+ドライバーで外します。
あとは逆の手順で、SSDに交換するだけです。S-ATAの向きに注意。

SANY1978SANY1980SANY1981






バッテリーを取り付け、DVDドライブを接続し、電源を入れます。電源を入れたらすぐにF2キーを連打して、BIOS画面を出します。まだDVDは入れなくても構いません。
メモリが2048MBと正しく認識されていたらメモリ交換は完了です(当方は購入時点で交換しております)。
BOOTの優先順位を、1番目にDVDドライブ、2番目にSSDに変更しておいて、最後にF10を押して設定を保存して終了します。この時にDVDドライブにリカバリーDVDを入れておきます。ビープ音が鳴ると、直後に英語で聞いてくるので何も考えずにキーを押します。
するとリカバリーが開始されるので、終わるまで待ちます。
SSDなので、フォーマットからWindowsのセットアップ開始までサクサク動いてくれます。

SANY1983SANY1984






「Recovering finished. Please remove the DVD from DVD-ROM. Click OK to restart computer.(復旧が終わりました。DVDをDVD-ROMから取り出してください。再起動するためにはOKをクリックしろ。)」と表示されたら、言われるままにディスクを取り出し、ドライブを外します。

リカバリーはまだまだ続きますが、放っておけばWindowsの設定画面に移るので放置。
あとはお好みの設定を。

なお、リカバリー後、パーティションがCドライブとDドライブそれぞれ12GBずつという変わった分けられ方になります。

今回使用したSSDは、いわゆる「プチフリ」問題が解決していないモデルです。
要するに、読み取りと書き込みが同時に発生したりすると処理しきれず一時的に凍る現象ですが、これの解決法があります。
その話は次回に。