1ヶ月ぶりのご無沙汰です。

初めに、これまでの間に鉄道コレクション「阪急2000系」や「和歌山電鐵2270系いちご電車」を入手しておりますが、これらの記事は日を追って書こうと思います。

阪急電鉄のオリジナルグッズとして発売されてきた歴代の鉄コレの中で、当時の多忙なスケジュールで買い損ねた阪急810系が、ひょんな事から入手できたのでNゲージ化してみました。

s-IMG_0438
手持ちが4両しかないので、伊丹線運用の4連にしました。
編成表はここに載っています
上記サイトによると、どうやら820Fの中間車は改造されていないようです。
あと2両手に入れば「さよなら運転」が再現できるのですが、それも見越した車番に設定しています。
いつ手に入るかはわかりません。いや、永久にないと思いますが。

s-IMG_0439
パンタグラフはグリーンマックスのPT43にしてあります。
先頭車はダミーカプラーのまま、中間になる先頭車はKATOカプラー密自連型にしました。

写真では分かりにくいかもしれませんが、GMの阪急マルーンをスプレーで塗ってあります。
これは別の時期に発売された920系、1010系、1300系、そして最近の2000系と色調を合わせるためです。
一同に並べると変な感じがするので、そこは阪急らしさを持たせようと思い、面倒くさいですが塗りました。
GMの阪急マルーンは隠蔽力がかなり弱いのですが、元々赤紫色の塗装は施されてあるので、IPAなどで塗装剥離処理をせずに直接吹いても問題はありません。

阪急810系、これにて竣工です。
まだ鉄コレだけでも920系、1010系、1300系、2000系が残っていますが、完成はいつになるやら。