本日発売となりました『鉄道コレクション・京阪3000系(一次車)』を買ってまいりました。
本来は10月6日(日)発売でしたが、「製造上の不具合」を理由にわずか6日間だけ延期するという、何とも不可解な説明で様々な憶測を呼んでいたような気がします。

個人的な話ですが、最近も相変わらず平日は仕事で忙しいです。
土曜日だと休日出勤命令が下る可能性がありました。
逆に日曜日であれば勤務先のビルの都合で出勤命令は出ない、また前日で体力の回復が望める。
京阪の鉄コレは9時の発売早々に完売しやすい傾向にあるため、必要な個数を押さえたいなら早朝から並ぶしかない。
それで結局、徹夜を敢行するというヘビーな買い物になりました。

それは置いといて、物を見ていきましょう。

IMG_0979
パッケージの表裏。
豪華フタ付き仕様になっています。

IMG_0981
フタの裏には概説が載っています。
ここまで、不具合の説として挙がっていた誤植は見当たりません。

IMG_0982
フロントビュー。
確かに標識灯のセパレートが甘いのですが、上手く塗ってやればいいだけの話なので、不具合とするのも違うように思います。

IMG_0983IMG_0984IMG_0985
ちょっとズレちゃいましたが、サイドビュー。
「テレビカー」は印刷済み。 このことから再塗装は極力やりたくないのですが、塗装不足だったりハミ出ていたりするので、どうしようか…。
どこかから車番+社紋+「テレビカー」のインレタでも出ればと願う次第。
でも、塗装が甘いのは仕様通り。今までが比較的良かっただけのこと。延期するほどのことではないでしょう。

▼「にほんブログ村」に参加しております。ポチっと押してくれると嬉しいです。▼
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

IMG_0986
内容物。都合2箱入手しました。
これが延期の理由と納得できました。
アンテナパーツの袋が、1つの箱ではまとめてパッケージされているのに対し、もう1つの箱ではバラバラに封入されていました。
しかも小分けにしたほうのTVアンテナは密封されておらず、TOMIXのパーツを入れている材質の異なる袋です。

どうやら、TVアンテナの入っていない物があって、急遽それだけを日本で大急ぎで作り、検品して不足パーツを追加した、というのが事の真相のように思えます。

とある駅で並んでいましたが、いつもどおりの長さだったにもかかわらず1人2箱だったので、今回は予想していた以上の数が作られたようにも感じました。

京阪もそれなりに「勉強」されていることは充分に理解できました。
ただ、「製造上の不具合」とボカした表現にせず、具体的な説明があれば良かったかなとは思いましたね。

加工は、いずれ!