前回の投稿の続きになります。

http://www.nankai.co.jp/traffic/goods/t_collection.html
http://www.nankai.co.jp/traffic/goods/nankai22000.html
http://www.nankai.co.jp/traffic/goods/nankai2200.html

公式発表を見て驚きました。
同時期に3車種も発売とは、事業者限定品では初めてのことではないでしょうか?

今年は天空が3000箱っていうのが少々ひっかかっていました。
昨年は7000系の4両セットが3000箱、2両セットが6000箱。
一昨年は6000系が先頭+中間で12000箱。
それらを考えると、随分減らしたなあと。
ダダ余り過ぎて売れないと判断して減らしたのか、実は秋に別の何かを出すのか色々予想していたところ、まさかの同時期3車種発売とは。

事業者限定シリーズでも2車種同時発売は阪急で経験済み。
しかし多数の駅で発売したのに加え、編成美を作るためにはそれなりの数が必要なため、あっという間に完売したのは記憶に新しいところ。

角ズームについては6連・8連で走っていたことがあるようですが、基本的には4連で極楽橋まで行っていたはず。
塗装変更の過渡期には旧塗装2連2本と新塗装2連2本をつないで走っていたこともあるみたい。
なので、そんなに大量に買う必要はないでしょう。
ましてや天空は前回にも書いたとおり、実車が1編成しかなくプラ完成品では相方がいないので、何箱も買っても仕方がない。

個人的には常識的な個数だけ買うつもり。

最後に、それを踏まえての売れ行き予想。

【天空】
前述のとおり1箱でいいし、改造不適。

【22000系旧塗装】
実はリニューアルという再販なので、最初の発売で相応には行き渡っており、言うほどの需要はない。

【2200系新塗装】/
色を剥がして塗り替えてデカールを貼るという作業がなくなると思えばありがたい。
だが支線仕様と考えれば1箱でも済むため、天空・旧塗装を諦めこっちで我慢する購入者も多いのではないか?

▼「にほんブログ村」に参加しております。ポチっと押してくれると嬉しいです。▼
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ