先日発売された鉄道コレクション『鉄コレ 京阪電車大津線600形1次車 2両セット』を買ってまいりました。

ついに当方所有の600形は7編成14両という、編成数だけで見れば富士急1000形と肩を並べるほどの数となりました。


IMG_0252
フロントビュー。
方向幕は珍しく「近江神宮前」に設定されています。今までは石山寺か坂本のどちらか両端の設定でしたので、区間運用は初めてではないでしょうか?

IMG_0250IMG_0251
サイドビュー。現行仕様に合わせたCIやピクトグラムが印刷されています。

他、いつものレールとアンテナパーツが2個付属しています
2個です。間違いありません。

ん?

そうです。編成には1個だけ必要です。
説明の補足の紙切れが入ってて「予備」なんですって。
じゃあ他のにも付けてよって思うのですが。

あと、このセットには相変わらず方向幕ステッカーが付属していませんので、石山寺や坂本のようにメジャーな行先や、滅多に見られない浜大津や「普通|四宮」などマニアックな設定は、限定発売の特急色とか700形とかジオマトのステッカーから拝借する必要があります。

当方では700形けいおんと一緒のタイミングで、半光沢クリアーのコーティングを施してあります。
パンタはPG16、カプラーはKATOカプラーAを使用。
ちょっと車間が空きますが、ROUNDHOUSE製車間短縮ナックルを使うとKATO製ユニトラムのカーブが曲がれないので、あえて広めに取ってあります。

さて、まだ増えるのかしら?