秋の恒例行事である、事業者限定鉄道コレクションの発売ラッシュ。
阪神は7801・7901形がすでに発売中ですが、今期はなんともう1車種、3000系が発売されました。

スケジュールとしては2015年11月28日が西宮駅にて先行発売、2015年12月12日が駅売りと通販開始となっています。

前回のエントリーの繰り返しになりますが、最初に発売された7801・7901形は方向幕がないなど、自身の記憶とは違う形態のものだったのでスルーを決め込んでおりました。
今月に入り突如3000系の発表があり、遠足や遠出などで多数利用しているなど印象の強い車種でもあるので、導入に踏み切りました。

IMG_0126
パッケージ。内側には車種の概要が。
ついでに駅売店で阪急オリジナルケース付きのフリスクを衝動買い。
また先行販売会で実施のアンケートに答えるだけでキーホルダーも頂きました。

IMG_0127
内容物は車番・方向幕ステッカーとアンテナパーツ。
やはり動力化パーツは付いていません。
箱の裏には説明などが記載されています。

ステッカーですが、方向幕は最低限のものしか収録されていません。
特急梅田特急須磨浦公園快急三宮急行甲子園準急尼崎 が収録されています。

IMG_0133
フロントビュー。今回は都合により駅モジュールで撮影。

IMG_0135_1IMG_0136_1IMG_0138_1
サイドビュー。

今回は帰宅後、即Nゲージ化セットアップを実施しました。
投稿時点では、とりあえず運転できる状態に持って行っています。
パンタグラフはKATOの阪急用、動力は指定のとおりTM-12R、中間カプラーはKATOカプラーAをスペーサーなしで。
アンテナ取り付け穴は1.0mm径でジャストです。

車番ですが、先日ジオマトリックス・デザイナーズが通販サイトの更新を再開し、阪急や大阪市交通局のインレタから順次販売を開始するようなので、きっと3000系についても出るでしょうから、それを待ちたいと思います。
したがって竣工は、先に手に入れた阪急5100系や北大阪急行旧8000形、大阪市交通局30系のさらに後になる見通し。