先日KATOから発売された『京急2100形』を買ってきました。
東のスプリンター、堂々の入線です。

阪急9300系の時と同様、基本4両・増結4両のセットと特別企画品の8両セットでの発売です。

2100形には東京・横浜方面に用事がある際に比較的多く乗っていますが、特にこだわりもなく、発売の前後は休日出勤ありの深夜残業という多忙ぶりだったため少しでも手を抜きたいと思い、側面表示が印刷済みの基本・増結セットを購入することにしました。

特別企画品の8両セットの記事をお探しの方は、お手数ですが他を当たってください。

IMG_0190
フロントビュー。文句なしの仕上がりです。
方向幕はもちろん、ヘッドライトや標識灯もいい感じの色合いです。

IMG_0196_h
IMG_0197_h
IMG_0198_h
IMG_0199_h
IMG_0200_h
IMG_0201_h
IMG_0202_h
IMG_0203_h

サイドビュー。
快特三崎口」が印刷済み。
塗装のツヤも絶妙です。
阪急9300系ではガッカリしたのですが、シングルアームパンタのシューはガッチリ水平位置で止まってくれます。
他、「快特品川方面泉岳寺」の前面方向幕パーツが付属。

室内灯取付予定もありませんので、これにて竣工です。
どこかで走らせたいんですが、いつになるやら…。