Crimson Laboratory

仕事も趣味も中途半端な人の鉄道模型ブログ。

「にほんブログ村」に参加しております。気に入っていただけましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

May 2014

鉄コレ・岡山電気軌道9200型「MOMO」を買った

いろいろ訳があって、随分前に発売された『鉄道コレクション・岡山電気軌道9200型』を買いました。

実店舗はおろか中古市場ですら見かけなかったので、今回はたまたま在庫があった通販サイト、トラモ★フレートさんを利用しました。
セール期間だったのでポイント付かない&点検等は行わないとのことですが、金額的に大したこともないので別にいいかなと。

IMG_0016
フロントビュー。
行先は[1]東山行きになっています。

IMG_0015
サイドビュー。
1000円程度の車体の割には、大変良く出来ていると思います。

Nゲージ化は2分で完了。

今回は車体を前述のとおり通販、動力ユニットはヨドバシの時間外受付を利用して購入しました。
注文はネットから、もし店舗に在庫があれば店舗受け取りが可能、さらに秋葉原か梅田の場合は閉店後から開店前までの営業時間外でも受け取れるので、激務で営業時間中になかなか行けない私には大助かりです。
それ以前にも何度か利用していますが、手に取って品定めができないので、品質にバラつきのある、それこそ鉄コレなどの商品はハズレを引くことがあるので、これがリスクと言えます。

便利な時代になりました、ホント。 

▼「にほんブログ村」に参加しております。ポチっと押してくれると嬉しいです。▼
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
 

鉄コレ・富士登山電車を買ってきてもらった

先日発売された、『富士急行オリジナル1000系 富士登山電車』を買ってきて…もらいました。

最近の富士急行の限定鉄コレはマッターホルンや6000系を踏まえると、慌てなくても比較的余裕を持って購入できると判断しておりましたが、いつ売り切れるか見えないので転売屋中古市場からの調達も考えていたところ、関東在住の知人が代理購入を申し出てくれたので、お願いすることにしました。
転売屋中古市場に対する考え方については、後日じっくり書きたいと思います。

IMG_0002
パッケージ表面のフタは、ポスターで描かれているイラストが転用されています。
方向幕が黒地に赤文字。「ん?」と思いました。
京王から各地の鉄道会社に移籍後でも、黒地の方向幕が採用されたことはないはずです。

IMG_0003
裏面にはスペックが。

IMG_0004
フタの裏には紹介と内装の詳細が書かれています。

IMG_0005IMG_0006
サイドビュー。時間がないのでサクッとNゲージ化させていただきました。
クーラーですが、イラストとは異なる物が取り付けられていますが、エラーではありません。
どこかのタイミングでクーラーが交換されたようです。

IMG_0008
内装もある程度再現されています。色分けされていませんので、フタ裏側のイラストを参考に塗装するといいでしょう。

IMG_0007
フロントビュー。色合いについては概ね正しいと思います。但しラインが白なのがちょっと残念。ロゴと同様のアイボリーだと良かったかな。

で、内容物ですが付属品は一切なく車体のみ。
レールはいいとして、ステッカーすら付いていません。
特に富士登山電車は快速に充当されることが多いので、過去に発売された京王色やオリジナルカラーから転用しなければなりません。

富士登山電車の発売によって、1000系のカラーバリエーションはほぼ全て揃ったことになります。
あとは京王カラー直前の、アイボリーとぶどう色の復刻塗装だけになりました。
これは発売されないでしょうから、塗り替えて作ろうかなと検討中。

なお当方では富士急行1000系には全ての先頭車運転台側に密連形TNカプラーを取り付ける、という独自のルールを設けましたので、上の写真アップロード後に台車とスノープラウを加工しています。

※ここから先、復元不可能な加工をともないますので、もし本記事を参考に作業をする場合は自己責任で!
また工具を使用しますので、ケガをしないよう充分ご注意ください。
 

IMG_0014

スノープラウがTNカプラーのポケット部分と干渉するので、少し加工する必要があります。
動力車側は、スノープラウ左右両端にある三角形の突起をカットし、台車側とつなぐ凹型部分の高さを低くします。TM-06Rの台車凸型部分も、旧製品と比べて低くなったので問題ありません。外れやすい場合はゴム系接着剤で固定しても良いと思います。

IMG_0010
非動力車側は無加工だと台車のカプラーアーム部分が干渉し少し浮き上がってしまうので、こちらも干渉する部分を削ってやれば良いでしょう。

IMG_0011
上から見た図です。台車モールドを削らないようリューターなどで削ります。スノープラウを取り付けるためだけに残すのでけん引能力は必要ありませんから、穴が開いても問題はありませんが、心配ならパテなどで補強しても良いでしょう。
アーム底面は調整しやすいようバッサリ切り取りました。


IMG_0013
ちょっと上向きになっているので、また適当に修正します。

※青字:2014/05/20写真追加

▼「にほんブログ村」に参加しております。ポチっと押してくれると嬉しいです。▼
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄コレ・高松琴平電気鉄道1200系を買っていた

ゴールデンウィークも休まず営業!
平日も土日も激務多忙のCrimsonです。

さて、GW前に発売された『鉄道コレクション・高松琴平電気鉄道1200系』を買っておりました。
パッケージは「1200系」となっていますが、正しくは「1200形」です。
以降、記事では「1200形」と表記します。

今回は琴平線の黄色、長尾線のエメラルドグリーンの2色で発売です。
1200形は高松琴平電気鉄道が民事再生法の適用申請後に導入されたので、新塗装・旧塗装の区別はなく、ラインカラーで分けられています。

1070形や1080形の廃車も始まっているため、今後ことでんでは1200形が標準の車種になることでしょう。

IMG_1076IMG_1077
パッケージ。裏には概説が記述されていますが、文面はほとんど使い回しです。

IMG_1078
パッケージ内容。レール・方向幕ステッカー・台車枠が付属。
方向幕は高松築港、琴電琴平、仏生山、一宮、滝宮、平木が収録。
実際の運用にない岡本、高田が収録されていないのは分かりますが、瓦町が収録されていません。
瓦町行きにしたい方は、GM塗装済みキットから別途調達してください。

IMG_1079IMG_1080
IMG_1081IMG_1082
サイドビュー。
色違いなだけで、琴平線仕様と長尾線仕様で差はありません。

IMG_1083
フロントビュー。ホワイトバランスが良くないので分かりにくいですが、琴平線については良い色彩だと思いますが、上半分がもう少し薄くても良いように思います。
長尾線ですが、下半分のエメラルドグリーンが薄すぎです。
かつて発売された600形に調色を合わせたのだと思われますが、それにしてもこの緑は違う。
逆に写真にはありませんが、GMキットのことでん1300形の緑は青みが足りません。
塗替えるつもりですが、何せジャストな色がGSIクレオスの水性ホビーカラーなので躊躇。

ところで、先祖帰りで京急700を作る猛者がどれだけいるのでしょうか?

DSC_4114
おまけ・その1。
今回のプロトタイプ、1209号車。仏生山にて。
黄色は少々赤みがあります。個人的にはGMキットの1070形との整合性から、GSIクレオスのイエローFS13538をお勧めしています。

DSC_2143_1
おまけ・その2。
こちらもプロトタイプとなる1253号車。
今では朝に1本しか存在しない平木行き。

さて、歩留まりと塗替えを考慮し1編成ずつ余計に入手しましたが、どれに塗り替えようか悩みます。
しあわせこんぴらさん号にするか、新屋島水族館仕様にするか、あえてことちゃんひやく号にするか。
一時期走っていた「きな子号」の製作も含めて思案中。

▼「にほんブログ村」に参加しております。ポチっと押してくれると嬉しいです。▼
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

Profile
QR Code
QRコード
Twitter
時間のある時に鉄道模型を製作していますが、休みがないためその時間すら取れなくなっております。恐縮ですが身の丈に合ったフォローとさせていただきますので、フォロバは期待しないでください。当方へのフォロー・リツイート等はご自由に。
Visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Category
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
  • ライブドアブログ