Crimson Laboratory

仕事も趣味も中途半端な人の鉄道模型ブログ。

「にほんブログ村」に参加しております。気に入っていただけましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

June 2014

鉄コレ・JR西日本105系を買ってきた

まだまだ平日も週末も忙しいCrimsonです。
ここ最近JR西日本の模型を多く導入していますが、単なる偶然です。

学生時代に大回り乗車で王寺または奈良から和歌山に抜けるために何度か乗車しています。
GMキットから作ろうかなと、それこそ10年以上前から思案していました。
旧仕様は非冷房というのもありスルーしましたが、前々から欲しかったので予約を入れて購入。

今回の『JR105系桜井線・和歌山線(冷房改造車)』は、過去に発売された『和歌山線・奈良線』の実質的なリニューアル再販です。
クーラーが設置され、方向幕がJR西日本仕様の黒地に白文字と変化しています。
この記事を書いている時点で発売から1週間も経っていませんが、どうやら売り切れとなった店舗もあるようです。
旧仕様も即完売となっていることから、依然根強い人気の車種と再認識。

IMG_0062
パッケージ内容。車両とレール、ステッカーの他にアンテナパーツが付いています。
方向幕は「王寺」が印刷済みですが、ステッカーに収録されている方向幕のパターンが豊富で、「高田・桜井経由奈良」「桜井・高田経由和歌山」「和歌山」「桜井・高田経由王寺」「桜井・高田経由五条」「快速|五条」「五条」「桜井」「高田」「粉河」「和歌山⇔和歌山市」の11種類。
設定には困りません。

IMG_0063
サイドビュー。クモハ105-516号車。
こちらにパンタの在庫がなかったので、ひとまずこれで。
ルーバーも印刷済みとかのゴマカシではなく、きちんとモールドされており好印象。

IMG_0064
クハ105-6号車。こちらは台車の在庫があったのでサクッと交換しておきました。
KATOカプラーを装着していますが、オーバーハングが短いのでROUNDHOUSEの車間短縮ナックルでもいいかも。

動力ユニットとパンタは買ってきました。また近いうちに動力化を…。
これ、万葉まほろば線ラッピング車が出るんじゃね?となんとなく予想。

▼「にほんブログ村」に参加しております。ポチっと押してくれると嬉しいです。▼
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
 

TOMIX・キハ40系岡山色を買ってきた

先日発売された、TOMIXブランドの『キハ40-2000形(JR西日本更新車・岡山色)』を買ってきました。

ハイグレード仕様を謳う車両は学生時代になけなしのお金で購入したEF63以来、15年以上ぶりの導入です。
今ではJR西日本の単色統一により朱色のほうもよく見かけますが、今回はあえて岡山色を選択。

IMG_0058
サイドビュー1枚目。
付属品は外幌などを除いて、全て説明書どおりに取り付けました。
写真右側の台車横に取り付けてあるトイレタンク、別パーツになっているのですが説明書どおり突起と穴を合わせても固定されません。ゴム系接着剤は必須です。

IMG_0059
サイドビュー2枚目。
茶色の帯の塗装が少々甘いですが、許容範囲。

IMG_0076IMG_0075
フロントビュー。
列車アンテナの取り付けには自分で穴を開けなければなりません。
Φ0.5mmと指定があり、その通り開けたのですがスカスカです。ここもゴム系接着剤の出番です。
信号炎管は覚悟していましたが、タイフォンも別パーツでなかなか嵌ってくれず苦戦。
方向幕は取付済の「岡山」「津山」「総社」が付属しています。

ヘッドライト・テールライトが点灯します。
方向幕は白色、ヘッドライトには電球色のLEDが採用されています。

ハイグレード仕様は良いんですが、自身で取り付けるパーツの点数が多すぎて面倒くさかったです。
そこまでディテールにこだわらず、もう少し簡素化して安く出してくれればありがたかったかな。
でも、物には満足していますよ。 

青字:2014/07/12追記

▼「にほんブログ村」に参加しております。ポチっと押してくれると嬉しいです。▼
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
 

鉄コレ・広島電鉄1000形を買ってこさせた

自分でも酷い奴だと思います。

知人が広島に向かっていることを知り、鉄コレ『GREENMOVER LEX』と『PICCOLO』の購入を依頼しました。
自分で買いに行けないからといって人に買って来させるとは、図々しいにも程があります。

ただ、私には広島電鉄の限定鉄コレを買うのに高いハードルがあります。
平日または土曜日の昼間にしか買うことができないのです。
もちろん平日は仕事です。土曜日は出勤もしばしばありますし、仮に休めても基本は待機です。
有給休暇?そんなの通る訳がない。

模型店でも似たような営業時間帯の店舗が大阪には2店舗ありますが、どちらも通販があるのでオリジナル商品の入手は何とかなります。
でも広電は通販をしないと言い切っていますので、もはや正規ルートでの入手は私には不可能で、これでは欲しくなっても転売屋中古市場からの調達しか望めません。

そういった事情もあり、無理を承知でお願いしたところ快諾いただきました。
知人には心から感謝しています。

ちなみに一般発売の『PICCOLA』は自力で、あえて予約を入れて購入しました。
なんと、予約したのは私だけw

では、物を見ていきましょう。

IMG_0038
IMG_0037
IMG_0043
まずはパッケージ。発売順。上から『GREENMOVER LEX』『PICCOLO』『PICCOLA』。
PICCOLAについては、パッケージのどこにも『PICCOLA』の表記が見当たらないのが特徴。
それにしてもPICCOLOのパッケージ、ダサいです
百均で売ってる中国製の怪しいお菓子みたいなデザイン。

IMG_0039IMG_0044
内容物。どちらもレールが付属。ポイ確定。
PICCOLAのみシールが付属しています。
ですがどのみち使いません。理由は後述。

IMG_0040
IMG_0041
IMG_0045
サイドビュー。
窓枠が塗装不十分。枠が透けて見えてしまっています。
しかも行先表示は外側から印刷表現。これではシールを上から貼ると目立ってしまいます。

IMG_0042IMG_0046
フロントビュー。
ガラスパーツがハメコミ困難なため、前面パーツが透明プラ成型で塗装は印刷表現となっています。
Bトレインに近いです。

でも、何でPICCOLAを一般発売にしたんでしょうか?
LEXのほうが売れると思うんですけど。

とりあえず撮影してから、幌部分の不充分な部分を黒く塗り、半光沢クリアーでコーティング。
窓枠にも色差しして、なるだけ透けないようにしました。
あとは中間車上部の排気口、LEX実車ではかなり目立つので色差ししています。

しかし車体も動力ユニットも、いい値段しますね。
いよいよ精度が要求されるシリーズになりつつあるかも。 

▼「にほんブログ村」に参加しております。ポチっと押してくれると嬉しいです。▼
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
 

大阪市交通局 60系を買ってきた

待ちに待った、マイクロエース製『大阪市交通局60系 冷房改造・更新車』を買ってきました。

先日も紹介した23系同様、しばしば通勤で乗車していました。
逆に60系が竣工した頃に私は生まれていません。
私にとって60系といえば茶色の前面と側面帯という印象が強いので、両数が多いため割高ですがこちらにしました。

今回、生産国の中国でトラブルがあった(のと、あまり表向きになっていませんけど、大阪市交通局がダメ出しをしていた)ため、発表した発売予定からちょうど1年遅れの発売となってしまいました。
多少の遅れは仕方がないとしても、消費税率変更を跨いでの発売となったため、予約を受けたお店では対応が様々でした。
法的には決済した時点で税率が決定します。つまり2014年3月31日24:00までに全額支払う場合は5%、それ以降は8%の税率がかかります。
ここで予約完了を「決済」とみなすかで分かれており、当初の5%税込価格どおりの金額を請求した店舗もあれば(但し決済自体は8%で行うことになるので、結果としてさらに値引きして販売した)、やはり8%の税率で販売した店舗もあります。

ちなみに物が高価なのもあって、増税で生じる差額は一般的なサラリーマンの昼御飯代に相当します。
暇な方は計算してみてください。

さて、物を見ていきましょう。

IMG_0057
フロントビュー。今回は週末が別の作業で手一杯だったので付属シールは貼り付けていません。
色合いは申し分なしなのですが、前面下部で滲んでしまっています。

IMG_0047
IMG_0048
IMG_0049
IMG_0050
IMG_0051
IMG_0052
IMG_0053
IMG_0054
サイドビュー。こちらは特に問題ないかな?

IMG_0055IMG_0056
それぞれの妻面です。鉄コレと違って作り分けられているのは好印象なのですが、コストカットなのか封じ込めの先頭中間車にドアが付いており、しかもドアは真っ黒です。
ドアは黒塗りでもないし、オープン状態だったはず。

付属ステッカーは黒地白文字で「北千里」「高槻市」「天下茶屋」「天神橋筋六」「正雀」の5種類が収録。
ただ字が細すぎです。どこかからサポートステッカーでも出ないかな?

あと写真にはありませんが、ケースサイズが大きいためかなかなか外箱から引き抜くことができません。
CASCOさんのケースを使うので関係無いですが。

値段の割には微妙な仕上がりです。
阪急京都線・千里線のすれ違いで鉄コレ各種やマイクロエース9300系1次車の他、KATOの6300系とも世代的にはマッチします。
これらをお持ちの方はいかがでしょう?

IMG_20140125_133729
最後に、これは森之宮検車場の特別公開で撮影したものです。
前サボ受けがあるのに塗装は茶色という矛盾。 

▼「にほんブログ村」に参加しております。ポチっと押してくれると嬉しいです。▼
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
 

鉄コレ・南海『天空』以外も発売へ

前回の投稿の続きになります。

http://www.nankai.co.jp/traffic/goods/t_collection.html
http://www.nankai.co.jp/traffic/goods/nankai22000.html
http://www.nankai.co.jp/traffic/goods/nankai2200.html

公式発表を見て驚きました。
同時期に3車種も発売とは、事業者限定品では初めてのことではないでしょうか?

今年は天空が3000箱っていうのが少々ひっかかっていました。
昨年は7000系の4両セットが3000箱、2両セットが6000箱。
一昨年は6000系が先頭+中間で12000箱。
それらを考えると、随分減らしたなあと。
ダダ余り過ぎて売れないと判断して減らしたのか、実は秋に別の何かを出すのか色々予想していたところ、まさかの同時期3車種発売とは。

事業者限定シリーズでも2車種同時発売は阪急で経験済み。
しかし多数の駅で発売したのに加え、編成美を作るためにはそれなりの数が必要なため、あっという間に完売したのは記憶に新しいところ。

角ズームについては6連・8連で走っていたことがあるようですが、基本的には4連で極楽橋まで行っていたはず。
塗装変更の過渡期には旧塗装2連2本と新塗装2連2本をつないで走っていたこともあるみたい。
なので、そんなに大量に買う必要はないでしょう。
ましてや天空は前回にも書いたとおり、実車が1編成しかなくプラ完成品では相方がいないので、何箱も買っても仕方がない。

個人的には常識的な個数だけ買うつもり。

最後に、それを踏まえての売れ行き予想。

【天空】
前述のとおり1箱でいいし、改造不適。

【22000系旧塗装】
実はリニューアルという再販なので、最初の発売で相応には行き渡っており、言うほどの需要はない。

【2200系新塗装】/
色を剥がして塗り替えてデカールを貼るという作業がなくなると思えばありがたい。
だが支線仕様と考えれば1箱でも済むため、天空・旧塗装を諦めこっちで我慢する購入者も多いのではないか?

▼「にほんブログ村」に参加しております。ポチっと押してくれると嬉しいです。▼
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
 
Profile
QR Code
QRコード
Twitter
時間のある時に鉄道模型を製作していますが、休みがないためその時間すら取れなくなっております。恐縮ですが身の丈に合ったフォローとさせていただきますので、フォロバは期待しないでください。当方へのフォロー・リツイート等はご自由に。
Visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Category
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
  • ライブドアブログ