Crimson Laboratory

仕事も趣味も中途半端な人の鉄道模型ブログ。

「にほんブログ村」に参加しております。気に入っていただけましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

November 2015

鉄コレ・阪神3000系を買ってきた

秋の恒例行事である、事業者限定鉄道コレクションの発売ラッシュ。
阪神は7801・7901形がすでに発売中ですが、今期はなんともう1車種、3000系が発売されました。

スケジュールとしては2015年11月28日が西宮駅にて先行発売、2015年12月12日が駅売りと通販開始となっています。

前回のエントリーの繰り返しになりますが、最初に発売された7801・7901形は方向幕がないなど、自身の記憶とは違う形態のものだったのでスルーを決め込んでおりました。
今月に入り突如3000系の発表があり、遠足や遠出などで多数利用しているなど印象の強い車種でもあるので、導入に踏み切りました。

IMG_0126
パッケージ。内側には車種の概要が。
ついでに駅売店で阪急オリジナルケース付きのフリスクを衝動買い。
また先行販売会で実施のアンケートに答えるだけでキーホルダーも頂きました。

IMG_0127
内容物は車番・方向幕ステッカーとアンテナパーツ。
やはり動力化パーツは付いていません。
箱の裏には説明などが記載されています。

ステッカーですが、方向幕は最低限のものしか収録されていません。
特急梅田特急須磨浦公園快急三宮急行甲子園準急尼崎 が収録されています。

IMG_0133
フロントビュー。今回は都合により駅モジュールで撮影。

IMG_0135_1IMG_0136_1IMG_0138_1
サイドビュー。

今回は帰宅後、即Nゲージ化セットアップを実施しました。
投稿時点では、とりあえず運転できる状態に持って行っています。
パンタグラフはKATOの阪急用、動力は指定のとおりTM-12R、中間カプラーはKATOカプラーAをスペーサーなしで。
アンテナ取り付け穴は1.0mm径でジャストです。

車番ですが、先日ジオマトリックス・デザイナーズが通販サイトの更新を再開し、阪急や大阪市交通局のインレタから順次販売を開始するようなので、きっと3000系についても出るでしょうから、それを待ちたいと思います。
したがって竣工は、先に手に入れた阪急5100系や北大阪急行旧8000形、大阪市交通局30系のさらに後になる見通し。

鉄コレ・阪神3000系発売へ

2015/11/28:無事入手しました。製品の記事はこちらから!
http://www.tetsudokoshien-shop.com/

今日は能勢電鉄5100系の通販開始日だったなと何気なくサイトを見ていたら

「朗報!鉄道コレクション阪神3000系3両セット 先行販売会のお知らせ!」

とても気合いの入ったバナーが。

ジェットカー5000の時なんて、公式サイトのどこにも情報はないし駅にポスターすら貼ってなかったのにね。
随分と変わりました。

10月発売の7801・7901が絶賛発売中な中での発表です。
先の7801は方向幕が付いておらず自分の記憶にある物とは違うのでスルーを決め、浮いた資金を能勢5100系や北大阪急行8000に充てたのですが、まさかの3000系というすごい隠し玉を用意してたのには驚き。

3000系ですが、神戸・須磨方面に向かう遠足で乗車した記憶があります。
特急、急行だけでなく当時は本線を走る快速急行や準急でも。

とりあえず当方は3連2本の6連にする予定。
入手してから考えるべきではあるのですが、種別・行先に迷いますね。
準急甲子園」にするか。
あえて区間特急を意味する「 特  急 」にするか。
でも「区急梅田」も捨てがたい…。 

鉄コレ・京阪1900系、今度は一般流通で

ご無沙汰しております。

鉄コレは能勢電鉄5100がグリーンマックス製インレタを使用して、無事竣功しました。
また北大阪急行・旧8000系などの改造は順調に進んでおります。

そんな中、京阪1900系が一般流通品として発売されることが決定。 
当時の瞬殺ぶりを一応は認識しているようですね。
それに京阪としては初の限定鉄コレでしたから、需要予測が全く立てられなかったのでしょう。
事実、現在の祇園四条や三条では一人3箱まで、一方で大阪のターミナル駅は軒並み一人1箱だったと聞きます。
他の駅は知りませんが、中之島では駅員の「お一人様、1個で、お願いします」に、列からブーイングに近い溜息が聞こえました。

過去の話は置いといて。
http://www.tomytec.co.jp/diocolle/items/pdf/newitem_20151112_02.pdf
限定品は先頭車2両でしたが、今回は1915-1955-1916の3両編成で、どうやら車番は印刷済みのようです。
最盛期は4+3の7連で走ったことがあるみたいですが、3連2本の6両での運用もありました。
また、増結車として両運転台の1925/1926が存在します。

当方では往年の7連特急を再現すべく、3箱発注しました。
まずパッケージ通りの3連を1本。
中間車のうち1両を、屋根を加工してパンタ車1980型を1本作り、4連1本を組成。
余った先頭車2本のボディーとパンタ屋根で、1925を1本。

私はこれで行こうと思います。
2010年に購入の車体?部品取りにでも使います。

最後に、一つだけ我慢ならんことを。 続きを読む
Profile
QR Code
QRコード
Twitter
時間のある時に鉄道模型を製作していますが、休みがないためその時間すら取れなくなっております。恐縮ですが身の丈に合ったフォローとさせていただきますので、フォロバは期待しないでください。当方へのフォロー・リツイート等はご自由に。
Visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Category
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
  • ライブドアブログ