DSC_2984
鉄コレ・北大阪急行8000形『POLESTAR』を買ってきました。
北大阪急行では8000形と名乗る別の車種が過去に存在していますが、本記事は2019年時点で現役の8000形に関する記事です。

今までグリーンマックスやマイクロエースさえ見向きもしなかった、北大阪急行8000形がついに登場です。
実車デビューから30年超。「お待たせしすぎ」ですよ。

まず物から見ていきましょう。

IMG_3481
パッケージ形態は先頭+中間、中間+中間の2種類。
残念ながら9000形と違い集電靴の数は合わないので、そこもこだわるなら先頭中間パックがもう1箱必要です。

IMG_3480 (編集済み)
色温度の関係でちょっと濃い目のアイボリーですが、色合いは完璧です。
あとは車番と行先を貼ったら終わり。なんと楽なことか。

IMG_3431 (編集済み)
その車番と行先のインレタは、予め入手してありました。信頼の世田谷総合車両センター製。
10両分のステッカー切り貼りは最早カルマなので、サッと貼って終わるインレタは非常に助かります。

IMG_3508 (編集済み)
インレタである以上微調整が難しくなるので、前面は透明デカールからの間接転写で貼り付けます。
今回は「なかもず」を設定。

IMG_3506 (編集済み)(1)
ややこしい書き方になっていますが、側面の車番位置は(北)ロゴの真上で窓枠基準に左右方向中央、赤帯の上下方向中央が正解。

あとは半光沢クリアーを吹いて出来上がり。

IMG_3511 (編集済み)
IMG_3512 (編集済み)
IMG_3513 (編集済み)
IMG_3514 (編集済み)
これにて北大阪急行の増備計画が完全終了しました。

IMG_3519 (編集済み)
10両直線に並べて、まっすぐに伸びる帯は壮観です。

2019年の大本命車両にして、最も激しい争奪戦となりました。
さらに台風直撃により予定の販売会と日比谷2daysが中止、さらに販売会翌日が「てんしば」で事実上の日比谷の代替イベントとなったため関東勢も多く集結するという、人の数だけで見れば異常事態でした。
ただ販売個数もキャリーオーバーで倍になったため、販売開始時刻に並んで買えなかったという事態はありませんでした。

全車種が発売されたのでリニューアルや新車が登場しない限り翌年以降の発売はないと見られますが、ひとまずの最後に長年活躍した名車を出してくれたことには感謝です。

だから私も本気で転売屋と競争させていただきました。