鉄コレ・近鉄3000系を買いに行きました。
とりあえず私とその仲間内はなんとか購入できました。

IMG_3500
フタ付きパッケージ。軽い車両の概要が載っています。
南海ほどではないですが。

IMG_3499 (編集済み)
前面の赤い部分は別パーツになっています。ガラスパーツとの噛み合わせも悪く出っ張ってしまってて、印象に違和感が残ります。
そんなに構造上、塗装は難しいのでしょうか?
あとカプラーは写真にもあるとおり電連付きでないとおかしいです。

IMG_3504
車番印刷済みなのはありがたいのですが、細帯の塗装が甘く境目あたりが浮いています。

IMG_3505 (編集済み)
そこで爪楊枝などで均そうとすればペリッとハゲます。
こうなれば再塗装しか手はありません。

IMG_3578 (編集済み)
なので補修しました。
色合いに合わせるならGSIクレオスの「マルーン」が最適です。GMの近鉄マルーンは少し紫に近いので使わないほうがいいです。
ただGSIのマルーンは隠蔽力が小さいので、少々重ね塗りをしたほうが良いです。

IMG_3586 (編集済み)
補修後、光沢クリアーを吹いて出来上がり。
方向幕は「普通 京都」としました。
4連での運用しか考えていないので、中間に位置する先頭車はKATOカプラーにしています。

IMG_3587 (編集済み)
正面からリングライトを当てていますが、もっとテカテカにしたほうが良かったんでしょうか?

IMG_3632 (編集済み)
こんな感じ。

最初の発売は北大阪急行8000形の販売会と同日に、高安・五位堂で。
初日は買えませんでした。
桃山台から高安に急行したのですが、到着するなり係員が「これ以降並ばれてもご購入いただける保証はないので、ご案内はお断りさせていただいております。」とのこと。

それ自体はこちらの作戦ミスだから別にいいのだが、どうして明後日の方向を向いて話す?
目を合わせようともしない。
それはウソつき、あるいは何か後ろめたい情報を持ってる奴の態度ですよ?
工場の人の「ホンマお疲れさまでした。」の一言が唯一の救い。

結局、11年負けなしの連勝記録はここでストップした訳ですが、台風でスケジュールが狂ったりでこればかりは仕方ない。
さらに車庫開放イベントでの勝率がまた下がりました(今のところ南海千代田の1回だけ)
ここは気を取り直して、てんしばに賭けたらいい。

そのてんしば。5:30前に着いたのにもう50人以上は並んでました。
買えないってことは絶対ないけど、なんか不安になる。
日が昇りいざ鉄道会社ごとのブースに誘導されると、一気に前のほうに行けたのですが。
みーんな阪急阪神かよビックリするわ。

その後はホビーフェス行ったりして3連戦は終了しました。