Crimson Laboratory

仕事も趣味も中途半端な人の鉄道模型ブログ。

「にほんブログ村」に参加しております。気に入っていただけましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

大阪市交通局

鉄コレ・大阪市交通局66系を買ってきた

去る3月8日にトレードセンター前駅近くのアジア太平洋トレードセンターにて先行発売された『鉄道コレクション 大阪市交通局66系』を買ってまいりました。

先に物を見ていきましょう。

IMG_0361
フロントビュー。
ヘッド/テールライトの造形や塗装の甘い物が多数あります。
登場時・フル編成どちらかにすれば先頭車が余るはずなので、良いのをピックアップするか頑張って修正するかのいずれかです。

IMG_0358 (編集済み)IMG_0359 (編集済み)IMG_0360 (編集済み)
サイドビュー。
アンテナパーツとパンタなし屋根、ステッカーが付属しています。
当方、サクッとパンタと車輪を交換し走行可能状態にはしてあります。
ドアが塗り分けられているのは好印象なのですが、ほぼ全車共通で北大阪急行8000形同様色ムラが発生している他、3枚目パンタなし車の写真のように塗装ミスがあるなど、全般的に品質は良くありません。

IMG_0341
パッケージ画像。
いつもどおりのフタなし。片側だけですが外から見られるので検品したい方にはありがたいパッケージですが、正直言って検品どころではないでしょう。

IMG_0343 (編集済み)
前面方向幕は、車体側に方向幕サイズのモールドがあるのでそちらに貼り付けることも可能ですが、付属ステッカーが薄いフィルムで黒い塗装に負けてしまうので、裏からメンディングテープで貼り付けています。

これから買う方の参考になれば幸いです。続きを読む

鉄コレ・大阪市交通局66系、発売へ

DSC_1016B

投稿時点ではポスターの掲示のみですが、鉄道コレクションの事業者限定品として、大阪市交通局66系の発売が発表されました!

IMG_0301

ただ、販売スケジュールを見て戸惑いを隠せませんでした。

3/8(火)11:00〜 @南港ATC
3/19・20(土・日) @万博鉄道まつり2016
4/18(月)7:00〜 @定期券発売所(梅田・難波・天王寺)

万博鉄道まつりはまだしも、先行発売は平日の昼間。一般発売も平日の朝。
休みを取るのが難しい社会人には少々厳しいスケジュールです。
御堂筋線10系の時のことを、もう忘れましたか?
お役所仕事もいいところです。

何よりも驚いたのは、ポスター中段右側。
「お一人様1回 3個まで」
つまり、その、なんだ、1巡だけではフル編成にできない訳か。

66系は竣工当初、6両で運用されていました。
これを8連化するっていうので、2両を増備して8両にした経緯があります。
今回は他の事業者同様、パッケージは先頭車と中間車の2両セットとなるので、編成として成立させるためには4箱ないし6箱買う必要があります。
厳格に「一人1巡のみ」とされると、編成は作れなくなってしまいます。
但し「お一人様1回」 と書いてあるので、並び直しを禁じている訳ではなさそうです
つまり多くの購入者は2巡することを想定しないといけません。
(2016/03/15追記)先頭集団は並び直しができたとの情報が複数あります。したがって2巡することは禁止されていませんでした。

パッケージと車体のサンプルが載っていますが、内容物についての記載はありません。
さすがにアンテナパーツや方向幕シールは付いてくるでしょうけど、非パンタ車用の屋根が付属しているか現時点では不明です。
もし付いてなかったら、フル編成化は面倒ですね。
これは問い合わせてみますか。

(2016/03/15追記)後日記事にしますが、非パンタ車用屋根は付属しています。
ステッカーも付属していますが、車番ステッカーは6両編成当時のものしか収録されていません。
8連にする場合は、サードパーティー製のインレタ・ステッカー等を別途用意する必要があります。


結構厳しい争奪戦になりそうですね、特に土日が。

鉄コレ・大阪市交通局20系中央線を買ってきた

先日発売された『鉄道コレクション・大阪市交通局 地下鉄中央線20系更新車 6両セットA』を買ってまいりました。
商品名に「6両セットA」と、何か含みを持たせた表現になっています。
もしかして、後から谷町線仕様が出たりして?

2011年秋に事業者限定品として2両セットが発売されていましたが、今回は1セットで6両フル編成となります。
限定品は登場時の帯パターンでしたが、今回は現行と同様です。
また限定品ではドア枠や車番部分がモールドされており(当然間違い:検証記事)10系の金型を流用した可能性が高かったのですが、今回は「新規金型です」と営業の方も話していたとおり、造形面での修正が行われており、事実上の改良再発売と考えていいでしょう。

IMG_0264 (編集済み)
フロントビュー。残念ながら私の個体は正面にホコリがかぶっていました。
直そうかどうか迷いどころ。
IMG_0267
IMG_0268
IMG_0269
IMG_0270
IMG_0271
IMG_0272
サイドビュー。
車番がかすれていたり方向幕の印刷が雑気味ですが、全体的にはいい印象です。
帯の色もサンプルと比べて発色は良くなっていると思います。

方向幕は「コスモスクエア」が印刷済み。
付属ステッカーには学研奈良登美ヶ丘、生駒、長田、森ノ宮、回送、試運転が収録。
また限定品では台車パーツが付いていないので動力化が面倒ですが、オープンパッケージなので台車枠が付属しています。

購入を検討している方のご参考になれば幸いです。

さて。
私は逆に、限定品をエラー修正して現行仕様に塗り替えた訳ですが、我が家には「1形態1編成の原則」があるため、こいつの処遇を考えなければならなくなりました。
という訳で、近日中に谷町線仕様に塗装変更しようと考えています。

鉄コレ・北大阪急行旧8000形を買ってきた

表題のとおり『鉄道コレクション 北大阪急行 旧8000形』を買ってまいりました。
関西では2015年10月18日に開催された「駅祭ティング2015 in 天王寺公園」での販売が初売りとなります。

IMG_0054
先行販売となる日比谷の様子を勘案するとお目当てが瞬殺することは絶対ないと考えたので、正午頃に現地へ。
今回は難波OCATではなく、天王寺公園での開催でした。
何せ広いので、乳母車という名のブルドーザーを押す母親、目的地に全力疾走の子供、自分の世界に浸る大きなお友達はこの手のイベントの風物詩ですが、あまり気になりませんでした。
ただ、広い分だけ前を見ないで広がる家族連れが厄介でしたが。
そういう意味では、天王寺公園での開催は正しい判断だと思います。

北大阪急行ブース。
売り子さんに完全に覚えられていました。
マークされてますね…。
でも今回はかなりの金額を積み立てていたので、迷わず必要な数だけオーダーしました。

IMG_0055
今回は一本通しの編成と大阪市交通局30系への改造を予定しているので、8箱購入しました。
またまた定規も全種類もらいました。2度目のコンプリート。
ついでに毎回同じチラシを何枚も投函する、北大阪急行と紛らわしい不動産屋のチラシもメールボックスに入っていたので晒しておきます。
もちろん、この不動産屋は北大阪急行とは一切関係ありません。

IMG_0284
フロントビュー。
ドア部分が灰色9号に塗られており、車番プレートは予めマルーンで塗装されています。
こだわりが見られますが、これが裏目に出ているんですよね…。

IMG_0281IMG_0282
サイドビュー。
こちらもドアは灰色9号に塗装されています。

が。

IMG_0056
そのドア部分、色ムラが出てしまっています。
せっかくこだわった部分が、むしろ台無しにしてしまっています。
それもほぼ全車両です。残念ながら色ムラがなかったのは、先頭と中間1両ずつだけでした。
16両中2両って、運が悪いというレベルじゃないですよね。

さらに。

IMG_0057
激しくクラッシュしています。
特にこれは中間車なので、潰しが利きません。
妻面も同様に変形しているので、自分で修復するのは不可能とは言いませんが至難の業です。
北大阪急行に掛け合うか、メーカー送りにするか思案中。

という訳で、お世辞にも品質は良いとは言えません。
7000形のようなクオリティーは期待しないほうが良いでしょう。
今後の販売で、良品を得るべく売場で検品するのは時間の浪費にしかならないのでやめましょう。

でも―――

大阪市交通局30系に改造するのが目的なら、結構ありがたい車両なのも事実です。
現状、30系のアルミ車はKitcheN製のキットしか存在しません。
板から箱になるよう組んだり、ガラスを切っては貼ってをする手間が一切ありませんし、動力ユニットも接着なくスナップで取り付け交換できるのだから、一体成形の未塗装キットと考えれば全然アリなんですよね。
御堂筋線または中央線仕様にする場合は先頭車の顔を加工しなければなりませんが、まあ何とかなるでしょうし。

とりあえず当方では全車塗り替える方向でNゲージ化を進めて行く方針です。 

大阪市交通局 60系を買ってきた

待ちに待った、マイクロエース製『大阪市交通局60系 冷房改造・更新車』を買ってきました。

先日も紹介した23系同様、しばしば通勤で乗車していました。
逆に60系が竣工した頃に私は生まれていません。
私にとって60系といえば茶色の前面と側面帯という印象が強いので、両数が多いため割高ですがこちらにしました。

今回、生産国の中国でトラブルがあった(のと、あまり表向きになっていませんけど、大阪市交通局がダメ出しをしていた)ため、発表した発売予定からちょうど1年遅れの発売となってしまいました。
多少の遅れは仕方がないとしても、消費税率変更を跨いでの発売となったため、予約を受けたお店では対応が様々でした。
法的には決済した時点で税率が決定します。つまり2014年3月31日24:00までに全額支払う場合は5%、それ以降は8%の税率がかかります。
ここで予約完了を「決済」とみなすかで分かれており、当初の5%税込価格どおりの金額を請求した店舗もあれば(但し決済自体は8%で行うことになるので、結果としてさらに値引きして販売した)、やはり8%の税率で販売した店舗もあります。

ちなみに物が高価なのもあって、増税で生じる差額は一般的なサラリーマンの昼御飯代に相当します。
暇な方は計算してみてください。

さて、物を見ていきましょう。

IMG_0057
フロントビュー。今回は週末が別の作業で手一杯だったので付属シールは貼り付けていません。
色合いは申し分なしなのですが、前面下部で滲んでしまっています。

IMG_0047
IMG_0048
IMG_0049
IMG_0050
IMG_0051
IMG_0052
IMG_0053
IMG_0054
サイドビュー。こちらは特に問題ないかな?

IMG_0055IMG_0056
それぞれの妻面です。鉄コレと違って作り分けられているのは好印象なのですが、コストカットなのか封じ込めの先頭中間車にドアが付いており、しかもドアは真っ黒です。
ドアは黒塗りでもないし、オープン状態だったはず。

付属ステッカーは黒地白文字で「北千里」「高槻市」「天下茶屋」「天神橋筋六」「正雀」の5種類が収録。
ただ字が細すぎです。どこかからサポートステッカーでも出ないかな?

あと写真にはありませんが、ケースサイズが大きいためかなかなか外箱から引き抜くことができません。
CASCOさんのケースを使うので関係無いですが。

値段の割には微妙な仕上がりです。
阪急京都線・千里線のすれ違いで鉄コレ各種やマイクロエース9300系1次車の他、KATOの6300系とも世代的にはマッチします。
これらをお持ちの方はいかがでしょう?

IMG_20140125_133729
最後に、これは森之宮検車場の特別公開で撮影したものです。
前サボ受けがあるのに塗装は茶色という矛盾。 

▼「にほんブログ村」に参加しております。ポチっと押してくれると嬉しいです。▼
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
 
Profile
QR Code
QRコード
Twitter
時間のある時に鉄道模型を製作していますが、休みがないためその時間すら取れなくなっております。恐縮ですが身の丈に合ったフォローとさせていただきますので、フォロバは期待しないでください。当方へのフォロー・リツイート等はご自由に。
Visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Category
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
  • ライブドアブログ